17 9月 2019

【コラム】中国の新エネルギー車政策が急転換、ルノーやトヨタが現地企業活用へ | ダイヤモンド・オンライン

・中国でNEV(ニュー・エナジー・ビークル=新エネルギー車)をめぐる動きが慌ただしくなってきた。
・中国政府は、中国の自動車メーカーと外資とのNEV合弁会社設立を奨励してきたが、その動きはいよいよ活発になってきた。
・ルノーはすでに中国国営の東風汽車との間でBEV生産契約を結んでおり、小型SUV、シティK ―ZEを今秋から量産する。
・トヨタは今年4月に奇点汽車と提携し、iQのプラットホームをベースにしたBEV、eQの技術を提供する契約を結んだ。奇点汽車が得たBEVクレジットのうち、余剰分はトヨタが受け取る。
・中国で最盛期には80社ほどあった企業の大半はBEVの製造図面を作製するには至らず、資金集めの段階で挫折した。モーターショーで華々しく計画を披露し、コンセプトカーの展示を行った企業でも、実際には“一度も実車を試作したことはない”のだ。
・3年ほど前、中国政府はBEVスタートアップ企業を優遇し、各省の銀行団に積極的な融資を呼びかけた。
・だが、現在は方針を転換し、整理淘汰に動いている。BEVスタートアップ企業の資金調達はますます難しくなるだろう。
・中国政府は、年間3万台以上を販売する自動車メーカーのNEV販売比率を引き上げる方向で検討している。
・その一方で、NEV補助金は来年で打ちきる。これは自動車メーカーにとって厳しい規制強化であり、各社はNEV量産拡大に向けて中国企業を活用しはじめた。それが今回のルノーやトヨタの動きである。
<元記事>https://diamond.jp/articles/-/214797

CAFEのようなCO2排出に関わるものは、自社でなんとか達成しないといけない。NEV、ZEVクレジットは買うことができる。それをうまく利用しているのがトヨタである。ZEVではうまくテスラなどを利用した。同様に中国でも展開していく。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 9月 2019

【ニュース】千葉8万軒で停電続く 電気自動車など派遣(日本テレビ系(NNN))

・千葉県の停電は、市原市や南房総市など広い範囲で続いていて、午前10時半現在、8万軒あまりとなっている。
・停電が長期化する中、東京電力は、電気が使えない地域にきめ細かく電源を供給するため、従来の電源車に加え、電気自動車など約40台を現地に派遣した。
・東京電力では全国の電力会社の協力を得て電源車を集めて電力の供給を行っている。しかし、停電地域からの要望に応えきれておらず、不足分を少しでも補うため電気自動車などを派遣することを決めた。
・16日に千葉県に向かうのは、日産やトヨタ、三菱など自動車メーカーが提供した電気自動車やハイブリッド車など約40台。
・今後、館山市やいすみ市などを拠点に、公共施設や一般家庭などで炊き出しから携帯の充電など地元のニーズに合った電力供給を行うという。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190916-00000147-nnn-bus_all

送電網がダメージを受けるとバッテリーEVは不要の産物と化す。一方、ハイブリッドはガソリンを活用して電気を供給できる。もちろん、移動にも活用できる。
EVを電力供給を目的に提供しているとしたら電力供給がされているところまで移動して電気を運ぶことになるが、そんな効率の悪いことをやっているのであろうか?

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 9月 2019

【ニュース】「韓国の年俸の4倍払う」…「バッテリー人材」引き抜く中国 | Joongang Ilbo | 中央日報

・ 電気自動車の「心臓」の役割をするバッテリー分野でも中国企業が活発に世界市場を攻略している。
・中国の電気自動車関連企業は韓国の熟練人材にも手を伸ばしている。韓国企業としては市場防衛だけでなく人材流出まで懸念しなくてはならない状況。
・中国恒大新能源汽車は電気自動車バッテリーを含む新エネルギー車分野で8000人のグローバル採用に乗り出したという。
・業界関係者は「海外のバッテリー企業が人材を採用する時は熟練した技術者が多い韓国が『第1ターゲット』になる。
・中国企業の人材引き抜きが最も激しく、欧州などの企業からも『ラブコール』が絶えない」と話す。
・中国など海外のバッテリー企業は韓国企業の年俸の2~4倍を提示するという。
・7月にはCATLがヘッドハンターを通じ韓国企業社員に既存年俸の3倍以上を提案したという事実が明らかになったりもした。
<元記事>https://japanese.joins.com/article/620/257620.html?servcode=300§code=320

日本企業は人材は育てるものという意識が高い。特に自動車産業は根強く残っている。そのため外部人材を受け入れる体質が弱い。それが強みであるが、不利に働く要素が多くなってきている。産業構造は、その育成する人の成長以上の速さで変化していく。
その変化についていけない人が、自分の会社でのポジションを獲得することを目的に動くことが少なくない。それは、対外的な競争力を失うことでもある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 9月 2019

【ニュース】SVOLT、IAAで欧州の自動車メーカーとの協力を開始

・長城汽車の元バッテリー事業部であるSVOLT Energy Technologyは、2019年のフランクフルトモーターショーに出席して、欧州の自動車メーカーとの協業を開始した。
・SVOLTの主なラインナップは、
1)86Ahバッテリーセル:2C急速充電と600,000キロメートルのバッテリー寿命を備えた商用車市場向けに開発されたスター製品
2)51Ah角型VDAバッテリーセル:ハイエンドPHEVモデル用に設計されており、全電気走行距離を80kmに拡大可能
3)「811マテリアル」ベースのVDAバッテリー:高級乗用車向けに開発
・SVOLTの角型電池技術の特徴の一つは、高速積層技術で、独自の500件を超える特許を取得している。
・SVOLTは、20億ユーロ(22億4,000万ドル)を投資して、欧州の生産施設(世界で計画されている7つのうちの1つ)の建設に取り組んでおり、今年中に24 GWhのバッテリーセルプラントと40,000トンのカソード材料工場の場所を決定する予定。
・ 建設は2020年の第2四半期前に開始し、バッテリーの生産は2023年初頭から開始する。
<元記事>https://insideevs.com/news/370594/svolt-cooperation-european-automakers/

電池製造は細かいところを除けばキーパーソンを引き抜くことで、お金さえあれば誰でも事業化できる。ただ、それを継続的に事業をできるかはトップの資質次第であろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp