08 9月 2019

【ニュース】Volkswagen、 Northvolt とリチウムイオン電池製造の合弁会社を設立〜初期は16GWh〜 – Green Car Congress

・Volkswagen AGとNorthvolt ABは、リチウムイオン電池の工場を建設するために50/50の合弁会社を設立した。
・ 生産施設の建設は、2020年にザルツギッター(ニーダーザクセン)で開始する予定。
・電化戦略の一環として、フォルクスワーゲングループだけでも、ヨーロッパおよびアジアで、2025年から年間150 GWh以上の需要が発生する見込み。
・合弁事業の最終決定は、両当事者が6月に締結した合意の結果。
・ フォルクスワーゲンが投資した約9億ユーロ(9億9,300万米ドル)の一部は現在、合弁会社に流入してる。
・その見返りに、フォルクスワーゲンはスウェーデンの電池メーカーの約20%の株式と監査役会の議席を獲得した。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/09/20190906-northvolt.html

VWがついているので何らかの準備はしていると思うが、特許戦略が気になる。
中国のように、初期は特許料を払うにしても、並行して知財を取得していくのであろうか。
150GWhを作るかは未定であると思うが、1000万台クラブであれば10GWh程度は自社のお金を使って作ってみるべきなのであろう。AESCのように売り出したり、さらに強化したり、やってみるとアクションの選択肢が増えるのは間違えない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

08 9月 2019

【ニュース】英国 ファラデー研究所 電池研究に£55M(72億円)付与 – electrive.com

・英国のファラデー研究所は、バッテリー化学、システム、および製造方法の研究に対して、英国を拠点とする5つのコンソーシアムに最大5500万ポンドを授与すると発表した。
・助成金ポートフォリオには、次世代電池の商業化の支援と、現状のリチウムイオン電池を改善するという二つの目的がある。
・商務大臣のナディム・ザハウィは「すべての車とバンが2040年までに実質的にゼロエミッションになるという目標を達成するために必要なバッテリー技術の開発において、英国が最前線にいることを保証することにコミットしてる。」と述べている。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/09/05/uk-faraday-institution-to-grant-55-million-for-battery-research/

アクションが遅すぎる気がするが何か特別なことをするのであろうか。
この手の投資は、EUに加盟していればEU系の投資銀行が支援している。イギリスが脱退となると自国のみでこのようなな資金を準備しないといけない。また、電池産業が国内でうまく立ち上がったとして、EU内の企業に売り込むことも不利にならないのであろうか。自国で電動車を全て垂直統合生産するのはリスクが高い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp