03 9月 2019

【コラム】LG・SK、訴訟の裏には「バッテリー覇権争い」 | Joongang Ilbo | 中央日報

・LG化学とSKイノベーションが一本橋の上で戦いを繰り広げている。訴訟から始まった対立は財界3・4位の企業間の感情戦に拡大する様相だ。
・両社がこのように対立する理由は何か。業界では、両社の対立の中心に電気自動車のバッテリーをめぐるヘゲモニー争いがあるという解釈が出ている。
・LG化学は今年4月、米国国際貿易委員会(US ITC)とデラウェア州連邦裁判所にSKイノベーションを提訴した。
・両社が韓国ではなく米国での訴訟戦に全力投球する理由としては、急速に成長している米国電気自動車市場を念頭に置いたという分析が出ている。
<元記事>https://japanese.joins.com/article/189/257189.html

日本企業こそ知的財産を使ったビジネスを考えていかないといけないのではないだろうか。過去に技術的には優っている日本企業が知財の主張が弱く大金を払った事例がいくつかある、

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

03 9月 2019

【ニュース】中国蓄電池、BYDが日本参入 CATLは半値で  :日本経済新聞

・中国のエネルギー関連企業が再生可能エネルギーの普及のカギを握る据え置き型蓄電池で相次ぎ日本に参入する。
・電池大手の比亜迪(BYD)は2021年から工場などに設置する蓄電池を販売する。
・寧徳時代新能源科技(CATL)も低価格品を売り出す。国家戦略で環境技術開発を推進する中国の攻勢が一段と強まりそうだ。
<元記事(全文は有料)>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49281160R00C19A9MM8000/?n_cid=DSREA001

電池を価格だけで見ていると痛い目を見る。自分たちで正当な評価ができないなら専門家に依頼する手もあるので、製品に導入する際はきちんと素性を理解してからにしてほしい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

03 9月 2019

【ニュース】Echionの「マジック」パウダーにより、6分間でフルバッテリー充電が可能

・リチウムイオン電池を6分で完全に充電することを約束する別の魔法の粉があると言ったらどうでだろうか。 おとぎ話か? それこそが、Echion Technologiesが発明したと主張するものだ。
・ それだけでなく、2020年にはこのソリューションを販売することを約束している。
・この「魔法の」パウダーが提案することは、リチウムイオン電池のグラファイトを置き換えること。
・ その特性により、バッテリーの充電がはるかに速くなるだけではなく、リチウムイオン電池の爆発を防ぐという。
<元記事>https://insideevs.com/news/367791/echion-magic-powder-charge-six-minutes/

LTOがすでに文言通りの性能を満たせることを東芝が主張しているが、それとは異なる負極材料ということであろうか。
電池は構成材料の最適化で性能を向上させる。そのような最適化なしで、負極を変えるだけで性能を飛躍的に伸ばせるのであれば、確かにおとぎ話のような魔法の粉である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp