24 8月 2019

【ニュース】TeraWatt Technology 固体電池のプロトタイプで432 kWh/kg を実証- Green Car Congress

・TeraWatt Technologyは、4.5Ahのプロトタイプ固体電池が、東洋システムらの第三者が実施した検証テストで、432Wh / kg(1122Wh / L)の記録的なエネルギー密度を達成したと発表。
・TERA3.0としてブランド化されたこの4.5Ahの次世代デザインは、2021年に一部で、2022年に完全リリースされる。
・TeraWatt Technologyは2017年に、カリフォルニア州サンタクララに本社を置く世界的な輸送技術であるSF Motors Inc.(d.b.a. SERES)の一部門として設立された。
・カリフォルニア州サンタクララと東京にあるR&Dセンターで運営されているTeraWattのチームは、これに関してすでに80以上の特許を申請している。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/08/20190822-tera.html

自動車向けと言うことなので、これが搭載されたEVのお披露目を期待して待ちたい。「電池の」エネルギー密度に特化することで実現できる車両性能がどのようなものかも注目であろう。
少し道が逸れる。各社開発している金属リチウムを使いこなす技術が、グラファイトで電析が発生しにくくなる技術としても応用が可能であったりすれば、所得した特許は有効利用できるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

24 8月 2019

【ニュース】POSCO、LiB正極材中国工場竣工 | 日刊産業新聞

・韓国のPOSCOは22日、中国の浙江省で海外初のリチウムイオン電池(LiB)用正極材工場の竣工式を開いたと発表した。
・計画を1年前倒し、年末から量産する。
・POSCOの呉圭錫・新成長部門長は竣工式で、今回の合弁はPOSCOの新成長分野で初の海外生産会社だとし、今後も合弁相手と協力し、世界的な技術優位と競争力を確保する考えを示した。
<元記事>https://www.japanmetal.com/news-h2019082390420.html

韓国中国の投資が盛んである。また、市場の成長の程度も日に日に明らかになっていく。利益率優先の欧米の化学メーカーや資源メーカーの反応が今後面白いのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

24 8月 2019

【ニュース】進化する液系リチウムイオン電池、全固体だけでない次世代電池 | 財経新聞

・近年EV業界において全固体電池に対する期待が高まっている一方で、全固体電池と異なり従来通り液体の電解質を用いたいわゆる「液系リチウムイオン電池」も無視できない。
・液系リチウムイオン電池において電解質を工夫することによって、負極フリーを実現する取り組みは多数ある。つまり、エネルギー密度の面において液系リチウムイオン電池も全固体電池に負けず劣らず進化しつつあるのだ。
・東京大学は、電解質を高濃度化することで電池性能を損なわず、「消火性」を保持させることに成功したとNature Energy誌上で発表している。このように、液体の有機溶媒を用いた電解質であっても、現在の課題である安全性を解決できる可能性は示されている。
・最近では中国の電池メーカー・寧徳時代新能源科技(CATL)も全固体電池の性急な商品化に疑問を呈していると報じられていた。
・その理由として、一つは生産技術も含めたコスト面への対策が確立されていないことが挙げられる。
・しかしそれ以外に、現在の液系リチウムイオン電池がコスト面でも性能面でも伸びていることも理由の一つである。全固体電池だけではなく液系リチウムイオン電池の進化も、要注目である。
<元記事>https://www.zaikei.co.jp/article/20190823/527390.html

まだ市場価値が確定していない開発段階で評価が曖昧な全固体電池と、さらに具体性がない液電池の進化を語っている。
また、電池業界関連の記事は開発レベルのものと市場レベルのものがさらに基準も曖昧なまま語られていているものが多い。
産業と学術研究の発展を考えて、このような記事は有効に機能するのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp