21 8月 2019

【ニュース】カリフォルニア州で電気自動車の市場シェアがハイブリッド車を超えた | EVsmartブログ

・カリフォルニア州新車ディーラー協会(CNCDA)は8月14日、2019年上半期の自動車市場の動向をまとめた「California Auto Outlook Vol.15」を公表した。
・レポートによれば、カリフォルニア州では乗用車販売が前年に比べて5.6%減少するなど新車市場が緩やかな減少傾向にある中で、電気自動車の市場シェアは前年の4.7%から5.6%に拡大した。
・レポートは、2019年の電気自動車販売台数は10万台に届くだろうと予想しています。
・電気自動車のシェアは2016年まで1%台で推移していたが、2017年に2.6%になり、2018年には4.7%と倍近くに伸びた。そして2019年の上半期には5.6%と拡大を続けている。
・同時期のハイブリッド車(プラグインハイブリッド車を除く)の市場シェアは6.8%から4.2%に落ちているほか、プラグインハイブリッド車もそれほど伸びていない。
<元記事>https://blog.evsmart.net/ev-news/bev-became-more-popular-than-hybrids-ca/

過去、排ガス規制のおいてはカリフォルニア州を起点に一気に全米に広がった。電動車に関しては、そのような動きが極めて鈍い。ブルームバーグのお膝元のニューヨークですら。
それを踏まえると、カリフォルニアに注目する理由はあるのか疑問に思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 8月 2019

【ニュース】東京湾を「EV船」が走る未来へ、三菱商事など新会社

・三菱商事や商船三井、旭タンカー(東京都千代田区)、エクセノヤマミズ(同)は、電気推進(EV)船を開発する新会社として「e5(イーファイブ)ラボ」を設立した。
・2021年半ばまでに東京湾内で運航する内航タンカーを、大容量電池駆動によって二酸化炭素を排出しない“ゼロエミッションタンカー”としてEV化することを目指す。
<元記事>https://newswitch.jp/p/18864

全CO2排出量に対して、輸送によって排出される割合は極めて高い。電気をどのように作るのかまで気を使えば、このような取り組みは排出量低減に有効である。本当に世界のCO2排出量を減らすことが目的であれば、民間商品へ補助金を使うのでなく、このような分野に使うべきではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 8月 2019

【ニュース】電動スクーターのバッテリー発火でDropbox本社の従業員が避難 | ギズモード・ジャパン

・Dropboxのサンフランシスコ本社で電動スクーターのバッテリー発火を起こして、従業員を避難させる事態になった。
・The VergeのSean Hollister記者は発火した電動スクーターが250ドル前後で売られているお手軽価格の「Tiamrun R3」ではないかと予測している。
・幸い、火は消し止められ、けが人はいなかったとのこと。
<元記事>https://www.gizmodo.jp/2019/08/scooter-battery-explosion.html

今後、このような事故は多発するであろう。中国では結構起きているようだ。
商品側に問題があるのは間違えないが、使う側もLIBがこのような危険性を持っていることを認知していかなければならない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 8月 2019

【ニュース】田中化学研究所、電池正極材中間体を増強 年産能力1万4400トン増 |日刊工業新聞 電子版

・田中化学研究所は車載用リチウムイオン電池の需要増に対応し、電池正極材用中間体の生産で追加増強を決めた。
・投資額は約80億円で、年産能力を1万4400トン増やし、2020年6月に稼働を予定する。
・すでに先行中の増設工事と合わせ、21年3月期に中間体の年産能力は約5万トンとなる。
<元記事>https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00498197

中国では、正極活物質メーカーは上流は資源獲得、下流はリサイクルまで視野にいいれた事業を展開し始めた。日本では、自社の事業を上流下流の方へ新規参入することがあまりない。新規参入で利益を上げるのは難しいかもしれないが、動くことで違った視界が開ける。収益でしか判断できなくなってる日本企業に危機を感じる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp