18 8月 2019

【ニュース】奇跡の素材グラフェンを使ったバッテリー、2021年からスマホに使われ始めそう | ギズモード・ジャパン

・スマホのバッテリーに、完璧すぎる素材グラフェンを使う。その研究開発をサムスンがほぼ完了させたそう。
・現在主流のリチウム電池にくらべると、約45%の容量アップが見込めるとのこと。
・もうひとつは急速充電のスピードアップ。満充電まで30分かからないとか。
・そんな夢と電気の詰まったグラフェン電池を搭載したスマホを、サムスンは2021年末までにリリースする可能性があると伝えられている。
<元記事>https://www.gizmodo.jp/2019/08/graffen-battery-smartphone-2021.html

グラフェンを奇跡の素材と表現した時、ディラック粒子の活用を意味すると思うが、そういうことを意識しているのであろうか。半導体デバイスでトップを走るサムスンがそのような基礎的な理解はあるとは思うが。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp