11 8月 2019

【セミナー8/23 東京】世界のEV用リチウムイオン電池の状況と、求められる部材・周辺技術の特性・課題、製造改善および国内企業が進むべき道

◯内容:
★ EV用リチウムイオン電池に関わる部品・材料メーカーのすべての方へ。
★ これから関わる方、既に関わっている方、電池ビジネス・部材・製造技術・戦略を徹底解説!
◯講師:
株)オザワエナックス 代表取締役 小沢 和典 氏
◯得られる知識:
・リチウムイオン電池の基本
・いままで理解されていなかったリチウムイオン電池の動作
・製造法とその改善
・正極、負極、電解液、セパレータ等の特性
・世界のEV事情
・リチウムイオン電池工場投資の動向
・リチウムイオン電池の戦略
<詳細・お申し込み>https://www.science-t.com/seminar/A190873.html

11 8月 2019

【ニュース】武蔵精密工業株式会社 全固体電池の開発を手掛けるKeraCel Inc.と長期的なパートナーシップ締結- Green Car Congress

・武蔵精密工業株式会社は、米国・シリコンバレーのベンチャー企業で、独自の3Dプリント技術を活用した全固体電池の開発を手掛けるKeraCel Inc.に対する出資を行ったと発表。
・KeraCelとの長期的な戦略的パートナーシップにより、武蔵精密工業は、KeraCelの3Dプリンティングテクノロジーを搭載した全固体電池の製造と供給、電動バイク市場への電力システムソリューションの提供、その他の潜在的な市場機会の探索を優先的に行うことができる。
・KeraCelは、セラミックスベースの電解質とリチウム金属アノードを備えた電池の生産により、従来の一般的なLiBのエネルギー密度を2〜3倍、または50%未満のコストで実現できる高度な固体電池設計と製造方法を市場に投入している。
・この3Dプリンティングの製造プロセスにより、ソフトウェアの制御下で、機器や工具を変更することなく、事実上あらゆる形状またはサイズのセルを多数のアプリケーション向けに構築できる。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/08/20190809-keracel.html

最近、LIB関係の生産工場の巨額な設備投資が相次いでいる。このニュースが事実であれば、その投資を無意味にできるインパクトがある。技術進化のために、嘘偽りがなければこのようなチャレンジは重要である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp