10 8月 2019

【セミナー8/22 東京】自動車の電動化を取り巻く電池および自動車業界の世界動向

◯内容:
現在、自動車各社がどのように対応しようとしているのか、それを受けて電池各社はどのような戦略で応えようとしているのか、そして各業界の競争力も比較。自動車業界と電池業界を客観的に俯瞰し、今後のあるべき方向についても解説します。
◯講師:
佐藤 登 氏  名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授
◯得られる知識:
自動車の電動化の歴史から現在に至るまで、自動車業界の戦略、電池業界の競争力、サプライチェーンの実態等。リチウムイオン電池の現状と今後、全固体電池研究の現状と展望、中国市場での陰り等。 ・全固体電池と従来の液系電解質の技術動向 ・CALTやBYDなどの中国LIBメーカーを中心にVWなどのドイツ自動車メーカーの動き ・日本の自動車メーカーの動き ・中国市場になかなか入れないサムスンはどう戦略を立て直すか。・パナソニックなどの 車載用LIBメーカー 、部材メーカーはどうすればいいのか
<詳細・お申し込み>https://cmcre.com/archives/48341/

10 8月 2019

【ニュース】新車中の「電動車」、初の4割超え…9割はHV : 経済 : 読売新聞オンライン

・2019年上半期に販売された新車に占めるハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車の割合が、初めて4割を超えた。燃費の良さが評価されている。電動車のうち9割超がHVで、世界的に普及の加速が見込まれるEVは2%にも満たない。
・EVは26・6%減の1万台にとどまった。新型車の投入効果が一巡したうえ、価格の高さや充電設備の少なさへの不満が根強く、販売が失速した。
・EVとガソリン車としての機能を兼ね備えたプラグインハイブリッド車は28・9%減の8200台、排ガスを出さず「究極のエコカー」として期待された燃料電池車は390台だった。
<元記事>https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190808-OYT1T50203/

最近、電動車はHEVとEVの二極化傾向になりつつありPHEVの価値が曖昧になっている。小型車には適さないかもしれないが、利益を取りやすい高級大型SUVなどの商品性向上には有効である。
徐々に各種PTの特徴を生かせる車種が市場にも理解されつつあるのであろうか。
FCは一般消費者というより、BtoB、BtoG商材になっていくのであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 8月 2019

【ニュース】「防災蓄電池」 大阪市大発ベンチャーなど開発 – 大阪日日新聞

・大阪市と大阪市立大、同大学発ベンチャー企業の三谷電池技術研究所合同会社(大阪市住吉区)は9月1日から、同社が開発している「防災用蓄電池」の実証実験を大阪市東成区で開始する。
・充電の速度が速く、劣化しにくい特性を生かし、災害時の避難所でスマートフォンの充電などに役立てるよう実用化を進める。
・同社が開発している防災用蓄電池は、電解液に塩水を用いておりレアメタルを使用しないため、発火などの事故や供給面でのリスクが低く、コストを抑えることも可能。
・「防災とエコを両立した画期的な次世代の蓄電池」(宮野道雄・同大学学長補佐)として期待が寄せられている。
<元記事>https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190808/20190808035.html

防災を考えるのであろうば必ずしも二次電池である必要はない。一次電池でもいい。海水を使う一次電池としてMg電池が実用化されており、海水を入れればすぐ使えて、使うまで劣化しないし、レアメタルも使用していない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 8月 2019

【ニュース】リチウムイオン電池 回収のため表示義務化 火災増加で国検討 – 毎日新聞

・リチウムイオン電池の入った小型家電が不適切に捨てられ、それが原因とみられる火災が相次いでいることを受け、経済産業省と環境省は商品にリチウムイオン電池使用の表示を義務化する検討を始めた。
・電池を使用した小型家電だと消費者に分かりにくいことが、廃棄時に電池の分別が進まない原因になっており、表示見直しに向けて関係法令の改正も視野に入れる。
<元記事>https://mainichi.jp/articles/20190808/k00/00m/040/294000c

学校教育に取り入れていって欲しい。地道にやるしかない。
大きな事故が起こらないことを祈るばかりである。人命に関わるのは避けなければならない。
また、LIBを理解していない企業が適当な仕様で商品を出してしまうと、会社の存続に関わるような事象も起こるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp