07 8月 2019

【ニュース】エキサイド、年末までにEV電池生産を開始 – NNA ASIA

・インドのバッテリー大手エキサイド・インダストリーズは、年内に電気自動車(EV)向けのリチウムイオンバッテリーの生産を開始する見通しだ。
・スイスの同業ルクランシェと設立した合弁会社がインド西部グジャラート州に所有する工場で、生産開始のめどがついたという。累計投資額は10億ルピー(約15億円)で、来年3月までにさらに10億ルピーを追加投資する。
・ゴータム・チャッタジー社長兼最高経営責任者(CEO)は、「来年3月までに工場の総出力は75万キロワット(kW)となる」とコメント。リチウムイオンバッテリーを生産する国内初の工場となるようだ。
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1935705

一万台分ぐらいの電池を生産するということであろうか。だとすると、さすがに投資金額が小さすぎる気がする。本当だとしたら脅威である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp