04 8月 2019

【論文紹介】Characterization of Sn4P3–Carbon Composite Films for Lithium-Ion Battery Anode Fabricated by Aerosol Deposition | Nanomaterials

出典:https://www.mdpi.com/nanomaterials/

Nanomaterials, 2019; 9 (7): 1032 DOI: 10.3390/nano9071032
・豊橋技術科学大学の研究者らは、エアロゾルデポジション法(AD)により、リチウムイオン電池アノード用のバインダーレスSn4P3 / C複合膜電極の製造に成功した。
・Sn4P3粒子をボールミル粉砕法を用いてアセチレンブラックと複合体を形成する。次いで、得られたSn4P3 / C粒子を、導電性添加剤または結着剤を添加することなく、衝撃圧密によって金属基材上に直接固化させる。
・ADプロセスによって製造されたSn4P3 / C複合膜は、100、200、および400サイクルでそれぞれ約730mAh/g、500mAh/g、および400mAh/gの重量容量を維持する。
・さらに、LiだけでなくNaも、同様の合金化および脱合金化反応によってSn4P3 に吸蔵および放出することができるので、Sn4P3 電極は、はるかに低いコストで次世代Naイオン電池に使用することができる。
<元記事>https://www.mdpi.com/2079-4991/9/7/1032

このような構造体を作る研究は昔から盛んに行われてきた。最近、ベンチャーに投資する企業も増えてきた。
アイディア自体は古くからあるがなかなか実用化するものが現れない。その理由を少し考えてみると他の方と違ったアイディアが浮かぶのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp