13 7月 2019

【コラム】新幹線の“電池走行”、技術はどこまで進化したか

・JR東海は10日、2020年7月に投入を予定する新型の新幹線車両「N700S」で採用する機能の一つ、バッテリー自走システムによる走行試験を公開した。
・電池を動力源とできる高速鉄道車両の実用化は世界初。
・二次電池を標準搭載するN700Sでは、災害で長時間停電した際、トンネルや橋りょうの中間部に停車したとしても、架線からの電力を使わず、自力で安全な場所まで移動できるのが特徴。
・東芝の二次電池「SCiB」を搭載した。容量などは非公表。
<元記事>https://newswitch.jp/p/18391

SCiBは回生をとるのには適した電池である。原理的には温度依存の耐久性能もいい。インフラ関係で需要を伸ばしておりさらに市場が拡大するのではないだろうか。しかも、世の中どこもかしこも自動車ばかり見ていてライバルが少ない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

13 7月 2019

【ニュース】ホンダは将来、電力供給会社になる!? EV普及の革命児「Honda Mobile Power Pack」に注目 – webCG

・ホンダのこれからの企業姿勢、最新技術、近未来のモビリティーなどをメディアに紹介する「Honda Meeting 2019」が、埼玉県和光市のホンダ技術研究所で開かれた。
・開発者の方々と話していて「おもしろいなァ」と感じたのが、「ホンダは電力会社にもなる」というフレーズ。
・ホンダが進める交換式バッテリーは、電線を通じて電気を供給する代わりに、バッテリーパックを介してエネルギーを売るという視点。
・モバイルバッテリーパックをリースにして、ハードウエアそのものではなく、その利用状況に課金する。自動車メーカーとして、革新的なビジネスモデルといえる。
<元記事>https://www.webcg.net/articles/-/41210

ホンダはPRが苦手な会社である。トヨタや外国企業もエネルギー事業や小型EVの価値を主張しているが、それより前にやりだしたのはホンダではないだろうか。
魔法瓶を最初に世に出したのはホンダである。ビアガーデンのきっかけを作ってもいる。そんな面白いホンダが復活することを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

13 7月 2019

【ニュース】ロシア、ボリビアとリチウム開発へ 反米左派国を支援 :日本経済新聞

・ロシアのプーチン大統領は11日、モスクワでボリビアのモラレス大統領と会談し、リチウムや天然ガス開発などに共同で取り組むことで合意した。
・モラレス氏はリチウムの採掘から、電気自動車(EV)などに用いるリチウムイオン電池の製造まで一貫して手掛ける構想でロシアと協力すると発表した。
・ボリビアはリチウムの世界有数の埋蔵国として知られる。2006年に大統領に就任したモラレス氏は、独裁体制を確立したベネズエラのマドゥロ大統領と懇意にしており、中南米の反米左派の有力者の1人だ。プーチン氏は反米左派国への支援を通じ、米国をけん制している。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47271790S9A710C1000000/

鉱山の6次産業的なことをやろうとしているのであろうか。自動車を作るとなるとLiだけ強みでは厳しい。その他の必要な金属や材料をロシアが支援するのであろうか?
ところで、近くのブラジルはエネルギーミックスという観点で大変面白い国である。地の利を生かしてEVの選択肢を取らずにCO2排出削減を進めている。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp