09 7月 2019

【ニュース】トヨタ、燃料電池車部品の他社への供給を拡大—普及を促進へ | レスポンス

・トヨタは今回、燃料電池車向け部品の他社への供給を拡大すると発表した。
・新たに中国自動車大手の第一汽車などに、燃料電池車向け部品の供給を行う。
・今回の発表は、トヨタの燃料電池車の普及を促進するのが狙い。
・第一汽車が生産・販売している燃料電池バスに、トヨタの燃料電池スタックなどの部品を組み込む。
<元記事>https://response.jp/article/2019/07/08/324204.html

中国でFCに対する補助金があるのではないだろうか。
また、日本のLPガスタクシーのような形で商用向けに中国で定着させるようなことができたら定着していくのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

09 7月 2019

【コラム】自動車6社のBEV連合誕生で加速する、次世代電動化技術の行方 | CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション | ダイヤモンド・オンライン

・トヨタとSUBARU(スバル)は6月、「中・大型乗用車用のBEV(バッテリー電気自動車)プラットホーム、およびCセグメントのSUVモデルBEVを共同開発することで合意した」と発表した。これまでスバルは独自でBEV開発を進めてきたが、今後はトヨタとの共同開発プロジェクトに一本化する。
・トヨタは、車載2次電池の調達先を拡大する方針も明らかにした。子会社のPEVE(プライムアースEVエナジー)およびパナソニックだけでなく、国内では東芝、GSユアサ、豊田自動織機と、中国では寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)グループなどと連携する考えだという。なお、日産は「リチウムエナジージャパンからの1社購買体制を終了する」と発表した。
・トヨタが日本国内用BEVにCATL製電池を採用する可能性は低いが、電池購入先の門戸を開放するコスト効果は非常に大きいだろう。
<元記事>https://diamond.jp/articles/-/207968

どこの電池を使っても車両性能をある程度同じにできる技術ができれば確かにある程度加速できるのかもしれない。
ガソリン車でいうプラットフォームとはまだ性質が異なる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp