01 7月 2019

【コラム】再エネで脱炭素化は幻想である –第2部 エネルギー革命は物理法則を超えられない  NPO法人 国際環境経済研究所

・2016年に米国エネルギー学会の“Energy Writer of the Year”を受賞しているMark P. Mills氏が19年3月に発表した論考、”The New Energy Economy: An Exercise in Magical Thinking”の概要について紹介。
・エネルギー安定供給を確保するためのエネルギーの保管という観点では、石油やガスを数か月にわたって保管するためのコストは、1バレルあたり1ドル以下。一方、石油1バレル相当の電力エネルギーを蓄電するコストは現状では200ドル。
・再エネの大規模導入は社会にコスト負担を強いている。太陽光、風力といった再エネの拡大による「見えないコスト」が実際の電気料金に加算されている。
・仮に蓄電技術が、コスト的にも重量ベースでも200%進歩したとしても、石油備蓄の経済性にはかなわない。
・1バレルの石油相当の電力エネルギーを蓄電できるバッテリーの生産のために必要となる総エネルギーは、石油換算で100バレルに上る。
・IT革命同様の劇的な効率改善が「エネルギー生産」の分野で起きることは、物理学的に見て「ありえない」。
・脱炭素化社会の実現には、太陽光や風力、蓄電池といった現在語られているような「はやりの」再エネ技術ではなく、それらより質的にもコスト的にも、けた違いに優れた、より革新的なエネルギー創出、蓄積技術の開発と実用化が必須になるが、そうした技術はまだ人類は手にしておらず、今のところ「新エネルギー経済」へ移行していく、あるいは移行できるというのは幻想にすぎない、というのが同氏の結論。
<元記事(その1)>http://ieei.or.jp/2019/06/opinion190614/
<元記事(その2)>http://ieei.or.jp/2019/06/opinion190617/

指摘は同意できるところがある。ただ再エネの導入は生活の利便性を高めるために導入を進めていると私は考えている。アフリカで多くの人が電気を使えるようになった。日本で言えば、島への電力供給としては有効な手段の一つである。地域によって適切なものが選べるようになったことは大きな進歩である。自分の眺めている視点だけでこのような結論を下すのは如何なものかと思う。電気自動車も似たような性質があり、有効な地域もあるがそうでない地域もある。棲み分けていくものだ。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

01 7月 2019

【ニュース】4月の上海でのテスラ車発火、バッテリーモジュールが原因 – ロイター

・テスラは28日、同社の「モデルS」が今年4月、上海で停車中に発火した問題について、バッテリーモジュール1つが原因で、システム全体に関わる欠陥は見つかっていないとの予備調査結果を発表した。
・テスラはソーシャルメディアの「微博(ウェイボ)」に掲載した発表文で、担当チームが調査を行い、バッテリー、ソフトウエア、生産データ、車両履歴の分析を行ったと明らかにした。
・テスラは、バッテリーの保護強化と寿命延長のため、「モデルS」と「モデルX」の充電と温度管理の設定を「オーバー・ジ・エア(OTA)」ソフト更新を通じて修正したと明らかにした。
<元記事>https://jp.reuters.com/article/tesla-china-safety-idJPKCN1TT15N

テスラは円筒型の電池でNCAを採用している。電池搭載量が大きく比較的マイルドな使い方をしている。
Ni量の多い正極材料は少ないものに比べ熱に対して不安定な傾向がある。最近、811を採用していく傾向があるが、慎重に考えて選択して欲しい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp