15 6月 2019

【コラム】VWのバッテリー投資、高リスクも他に選択肢なし – WSJ

・VWは13日、バッテリー生産に約10億ドル(約1080億円)投資することを発表した。その一部はスウェーデンのバッテリー新興企業ノースボルトとの合弁会社設立に充て、EV用バッテリーの中核コンポーネントであるセルを生産する。
・VWは、技術の変化が激しいこの時代に、実績のないバッテリーメーカーと組んで巨費を投じることになる。
・ドイツのニーダーザクセン州はVWの議決権株式20%を保有している。VWとノースボルトの合弁工場が、同州 ザルツギッター に建設されるとみられるのも意外ではない。同地には世界最大のエンジン工場の1つがある。
・EVが従来車に取って代われば、内燃エンジン関連の雇用はバッテリー関連の雇用に置き換えられることになる。
・VWは、排ガス不正で約340億ドルの代償を払うことになったことを考えれば、バッテリー生産はさほど高い賭けではないかもしれない。
<元記事>https://jp.wsj.com/articles/SB12720290320763713670604585364220989643474

決して小さい金額ではないが、数年で10億ドルであれば技術投資としては巨額とまではいう数字ではない気もするが。
この連携でVWが電池価格を下げる取り組みをしなければならない。それができなければ、この費用は無駄になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50 | レスポンス

・ホンダの欧州部門は6月13日、新型EVの『ホンダe』(Honda e)のプラットフォームを発表した。
・バッテリーはホイールベースの中央に配置。
・リチウムイオンバッテリーは蓄電容量35.5kWh。バッテリーパックは、水冷式。
・充電は、「タイプ2」のAC接続、または「CCS2」のDC急速充電器に対応する。1回の充電での航続は200km以上を達成する予定だ。急速充電なら、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。
<元記事>https://response.jp/article/2019/06/14/323446.html

ホンダにはMM思想と言うものがある。また、走行性能にこだわりがある。売り方には問題があるが、お客様目線では価値の高いものを提供している。EVでもそれを積極的に考えた商品であることは間違えない。
ただ、これを利益が取れるようにしていくのは苦手である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】VW、自動運転車・EV開発へフォードと提携で合意近い=CEO – ロイターニュース – 経済:朝日新聞デジタル

・自動車大手の独フォルクスワーゲン(VW)と米フォード・モーターは、自動運転車と電気自動車(EV)の開発に向けた提携で合意に近づいている。VWのディース最高経営責任者(CEO)が13日、明らかにした。
・両社は3月にピックアップトラックの開発で提携合意しており、自動運転・モビリティーサービスのほか、フォードがVWのEVプラットフォーム「MEB」を利用するなど提携分野の拡大に向け協議してきた。
<元記事>http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1TE3BJ.html

フォードは最近騒がれているCASEを数十年前から検証してきた。そこにVWが注目したのかもしれない。
技術連携以外で分析してみると、VWが北米が弱く、フォードは中国でイマイチである。補完関係をとるような連携にも見えなくはない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【論文紹介】NEDO 海外技術情報(2019 年 6 月 14 日号)

◯エネルギー関連目次抜粋
・降雪で発電する新デバイス
UCLA が、降雪で発電する摩擦帯電型ナノ発電デバイス、snow TENG (snow-based triboelectric nanogenerator)を開発。 小型でフレキシブルな薄いプラスチックシート状の同デバイスは、正電荷を帯びた雪と負電荷を帯 びたシリコーンを組合せたもので、雪がシリコーンの表面に接触することで発電する。
<元記事>https://www.nedo.go.jp/content/100893787.pdf

雪の結晶の形によって発電効率が違って、地域のよって違いが出そうである。
太陽光が少ない地域で活用の道があるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 6月 2019

【ニュース】SKC、EV電池用銅箔メーカーを買収 – NNA ASIA・韓国

・SKCは、電気自動車(EV)バッテリー向け銅箔を製造するKCFTテクノロジーズを買収すると発表した。
・KCFTは最長50キロメートル、髪の毛の30分の1の薄さの銅箔を生産する技術を有し、世界のバッテリーメーカー向けに供給している。
・SKCはKCFTの生産能力を2022年までに現在の3倍に増強する計画
<元記事>https://www.nna.jp/news/show/1914317

SKグループは、セパレーターの増産をすでに発表している。今回は銅箔である。両者とも比較的利益が取りやすい部材である。このような買収や量産によって、電池の価格を下げるのであろう。100GWhを超える生産に向けて本気度を感じる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp