10 6月 2019

【論文紹介】Overcoming binder limitations of sheet-type solid-state cathodes using a solvent-free dry-film approach – ScienceDirect

出典:https://ars.els-cdn.com/

Energy Storage Materials, doi: 10.1016/j.ensm.2019.05.033
・フラウンホーファー研究所とサムスン日本研究所が溶媒を用いないドライプロセスで低コストな電池製造プロセスを開発。
・0.1wt%のPTFEバインダーと活物質、固体電解質、導電材を乾式混合し圧延機で処理することでNMC正極板を作製。
・圧延機で高い剪断をかけることでバインダーポリマーがクモの巣状に活物質粒子と決着し、柔軟な自立性電極が作製できる。
・バインダー量が少ないことで、インピーダンスが下がる。
・溶媒を用いずに9cm2サイズの全固体電池を作製したところ、加圧無しで100サイクルの充放電が可能であった。
<元記事>https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405829719302715?via=ihub

電池の進化というと材料に注目されがちであるが、このようなプロセス探索の研究の方が大きなブレイクスルーを起こす可能性が高いと思う。LIBTECでは既存のLIBプロセスの延長にこだわっているが、それが様々な面で不利になる可能性はあるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 6月 2019

【セミナー 7/5 東京】リチウムイオン二次電池の デンドライトの生成・成長機構、その観察と対策

◯内容:
1.現行カーボン電極でのリチウム金属生成・成長機構およびそれに起因する問題
2.リチウムデンドライトの生成、成長機構とそれに起因する問題
3.「ポリマーモノリス」を用いたセパレータの安全性、耐熱性向上とデンドライトの抑制効果
4.リチウムデンドライト観察をはじめとしたin situ分析及び電極合剤の分散性評価
5.二次電池負極上のデンドライトの析出過程の観測
◯講師:
1. バッテリーコンシェルジュ 代表 佐野 茂 氏
2. 群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授 工学博士 鳶島 真一 氏
3. (株)エマオス京都 代表取締役 石塚 紀生 氏
4. (株)住化分析センター マテリアル事業部 木村 宏 氏
5. 岡山大学 大学院自然科学研究科 准教授 博士(理学) 後藤 和馬 氏
<詳細・お申し込み>http://www.gijutu.co.jp/doc/s_907411.htm