09 6月 2019

【論文紹介】Customizing a Li–metal battery that survives practical operating conditions for electric vehicle applications

出典:https://pubs.rsc.org/

Energy Environ. Sci. doi: 10.1039/C9EE00716D
・急速充電が可能なリチウム金属電池に関する報告。
・金属負極にLiNO3による前処理を行い、Li2Oリッチ層を賦与。
・電解液はEMC,FECの混合物に1MのLiPF6、0.05MのLithium difluorooxalatoborate (LiODFB)を用いた。
・正極はAlをドープしたLi[Ni0.75Co0.10Mn0.15]O22
・この構成のリチウム金属電池は、4.1mAh/cm2の電流でフル充放電が可能。
・パウチ型セルで500サイクル後の維持率が90%であることを確認。
<元記事>https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2019/EE/C9EE00716D#!divAbstract

入出力特性をグラファイト並みにするのは、何かして表面積を上げなければならない。そうすると違った課題が出てくる。
金属Li負極はこのような表面処理を用いた場合、入出力特性が必要なく、容量が求められる用途向きだろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

09 6月 2019

【ニュース】SK イノベーション 2019年第三四半期からNCM811に移行

・韓国のメディア報道によると、SK Innovationは今年の第3四半期にNCM 811リチウムイオン電池の生産を開始する予定。
・興味深いことに、SK Innovationは、NCM 811を導入するだけでなく、完全にNCM 811に移行すると伝えられている。
SKイノベーション生産能力ロードマップ:
現在:年間約5 GWh
2019年末までに:20 GWh
2020:40 GWh /年
2022:60 GWh /年
2025:100 GWh /年
<元記事>https://insideevs.com/news/352538/sk-innovation-ncm-811-q3-2019/

iMiEVには二種類の電池が採用された経緯がある。この時の結果は、参考にすべきではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

09 6月 2019

【ニュース】テラヘルツ波を用いた次世代電池評価装置の開発・商品化事業を加速-電気自動車(EV)などに必要な高性能電池の普及へ- – 国立大学法人 岡山大学

・中国経産局「戦略的基盤技術高度化支援事業」として岡山大学と協和ファインテック株式会社が共同で、テラヘルツ波を用いた次世代電池評価装置の開発・商品化を目指す。
・紀和利彦准教授が独自に開発したテラヘルツ波ケミカル顕微鏡のシーズ技術をもとに、全固体リチウムイオン電池などの内部の電位の様子を可視化する装置を開発する。
・開発する装置は、全固体リチウムイオン電池などの内部の電位の様子を動作下で可視化すること ができる。
・これまで、放射光施設などを使って観測していた情報の一部を、デスク トップサイズの装置で観測することができるようになる。
・これにより、電池の開発期間の大幅短縮が可能になり、電気自動車(EV)の普及加速が期待される。
<元記事>https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id631.html

テラヘルツ波を利用した時間分解の分光は、半導体や磁性体などのダイナミクな物性を評価にするのに利用されている。これを電池に応用するのであろう。空間分解も可能かもしれないが、サンプルの作製が重要になるであろう。実用というよりは、研究向けで電池反応の理解を深めるために活用していく感じであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

09 6月 2019

【セミナー 6/27 東京】車載用LIBの急速充電性能と材料技術の最新動向

◯内容:
EVの普及に向けて、充電時間の短縮、航続距離の伸長、車両価格の低減が一層求められてきた。これに伴い、車載用LIBの大容量化が進行している。容量が増えれば充電時間が長くなる。この解決法としては、“急速充電”が検討されている。本セミナーでは研究者と実務家の異なる視点から得られる最新情報セミナーになっている。
◯講師:
1 EV、PHV 用リチウムイオン電池の特性と急速充電
菅原 秀一 氏  泉化研 代表
2 全固体電池における界面抵抗低減と超高速充放電
白木 將 氏  日本工業大学 基幹工学部 応用化学科 教授
3 チタン酸リチウムを負極に用いたリチウムイオン二次電池 SCiB TM の特徴と代表的な適用例
石塚 芳樹氏  ㈱東芝 電池技師長
<詳細・お申し込み>http://cmcre.com/archives/43741/