05 6月 2019

【ニュース】ダイムラーが次世代リチウムイオンバッテリーの開発に着手 – CARSMEET WEB

・クルマの電動化が進むなか、カギを握るバッテリーを巡る提携が活発化している。
・ここにきてダイムラーグループも同じく米国のバッテリー関連ベンチャーであるシラ・ナノテクノロジーズへ出資。
・リチウムイオンバッテリーの性能向上へ向けて、ドイツと米国のコラボが一段と進みそうだ。
・ダイムラーが株式を取得したシラ・ナノテクノロジー社も、電極を現在の炭素主体のものからシリコン複合材料に置き換えることで20%の性能向上が図れるとしており、ダイムラーの次世代EVであるEQブランド車での採用を目指している。
<元記事>https://carsmeet.jp/2019/06/04/107084/

航続距離にだけ注目した法規は、消費者にも開発者にとっても有効ではない気がする。
EVは使っていると一回の充電で走れる距離が短くなっていく。使っていくと60〜70%まで落ちるが、初期の値が商品をうる際に売りになる。シリコン負極やhigh-Ni正極は、その初期値を上げるのに有効であるが、航続距離が劣化しやすい。
このような商品を世に出すことは、長期的に考えるとブランドにも影響する可能性がある。もちろん、技術開発は進み改良していくので、現時点での話である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

05 6月 2019

【ニュース】村田がソニーから買った電池事業 狙うはウエアラブル用全固体:日経ビジネス電子版

・連結の売上高営業利益率が16.9%(2019年3月期)と、電子部品大手の中で断トツの収益性を誇る村田製作所。
・同社の数少ないアキレスけんが、17年にソニーから買収した電池事業だ。
・収益性改善へ、村田製作所が注力する一つが、次世代電池の本命と目される全固体電池だ。
・・TDKやFDKといった電子部品各社が開発を進める全固体電池は、容量やサイズは現行のリチウムイオン電池に比べて小型のものが多い。村田製作所でも「バルクチップ型」と呼んでおり、その電池容量は0.1~0.7mAh(ミリアンペア時)。
<元記事>https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00047/053100002/

ウエアラブルというカテゴリーで具体的な商品イメージがあるのであろうか?この容量でできることは限られている。価格が安ければ色々やりようがあるかもしれない。
電子タグはすでに世の中に定着しているが普及が限定的であったことは、今後商品を検討する上で参考になるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

05 6月 2019

【コラム】日本の車載電池メーカーは世界市場で勝てるか | 東洋経済オンライン

◯安全性
・中国市場では、中国メーカーEVの火災事故が多発している。他には2019年4月に、テスラが上海で停止中に爆発火災事故を起こしている。
・結局、テスラのEV開発も、入念なLIB制御やEV制御ができていないことを証明している格好だ。
・その点、日系のEVやハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、そしてトヨタとホンダが市販している燃料電池車(FCV)のいずれにおいても、公道での火災事故は1件も発生していない。
◯コスト低減
・車載用LIBに対するコストは、単セルではなく電池パック基準として現状はおおむね250~150ドル/kWh、2025年までの近い将来に100ドル/kWhを提示する議論が国際会議や個別交渉の中で数値目標としてすでに出ている。
・モバイル用LIBと同等、もしくはそれ以下のコスト指標になるのだが、あまりにも難度が高いと言わざるをえない。
・その目標に邁進して実現しようとする電池メーカーがLG化学とCATL等。
・一方、価格競争はしないというパナソニックを代表とする日系勢は、グローバルビジネスでどこまで闘えるのかが今後の大きな課題。
<元記事>https://toyokeizai.net/articles/-/282871?page=2

商品性に言及しているので、電池やパック単価だけで語ることがナンセンスとか言って欲しかった。
電池・パック価格はICEのPT価格から目標値を設定している。しかも設定するにあたってヒアリングを受けた自動車メーカーはコストをまともに語るはずがないので高めで設定されている。電池の価格を下げる努力は継続的にやるべきだし産業に重要なことであるが、この目標が達成されたとしても・・・・という感じがする。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

05 6月 2019

【調査報告書】平成30年度 特許出願技術動向調査報告書 電池の充放電技術〜特許庁

・電池の充放電技術に関する特許動向を世界的に調査し、今後、我が国が 目指すべき研究・技術開発の方向性を明らかにすることを目的に、特許庁が電池の充放電技術を調査、公開。
<元記事>https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/document/index/30_10.pdf

内需の見込めない日本では、これに関連した技術開発は国内向けで終わるのでなく、海外も意識していくことが重要ではないだろうか。技術支援で世界に貢献するのは、日本の十八番だったと思う。
このままだと、20年後、30年後、海外より優れた技術が日本にあるような気がしない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

05 6月 2019

【ニュース】電気自動車をバーチャルパワープラント(VPP)のリソースとして活用するV2G実証事業を開始(MotorFan)(ヘッドライン) | carview!

・東京電力ホールディングス、東京電力エナジーパートナー、東京電力パワーグリッド、三菱自動車工業、日立システムズパワーサービス、静岡ガスの6社は、経済産業省が環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「平成31年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(V2Gアグリゲーター事業)」にコンソーシアムで申請し、5月30日に採択された。
・本実証事業では、電気自動車をVPPのリソースとして活用することで、継続的な再エネの導入と電力系統安定化の両立を目指す。
・2021年度以降には、電力系統とEV/PHEVの蓄電池との双方向間で電力需給調整を行うV2G事業(Vehicle to Grid)のビジネスモデルを構築し、事業化を検討していく。
<元記事>https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190604-10415925-carview/?mode=top

05 6月 2019

【ニュース】福島・楢葉町にリチウム工場進出へ EV用電池の素材生産 – 毎日新聞

・福島県楢葉町に、電気自動車(EV)の車載用電池の材料となる水酸化リチウムの製造工場が進出する。
・楢葉町がトヨタ自動車グループの商社・豊田通商の関連会社と立地協定を結んだ。
・生産能力は年間1万トンで、今夏に着工、2021年前半に生産を始める。
<元記事>https://mainichi.jp/articles/20190604/k00/00m/020/275000c