04 6月 2019

【論文紹介】Synthesis and Characterization of a Molecularly Designed High‐Performance Organodisulfide as Cathode Material for Lithium Batteries – Shadike – – Advanced Energy Materials

Adv. Energy Mater. 2019 doi: 10.1002/aenm.201900705
・米国エネルギー省(DOE)のBrookhaven National Laboratoryの研究者らは、LiS電池用の新規硫黄系有機正極材料を開発。
・カソード材料に革新的な有機ジスルフィド化合物(2,3,4,6,8,9,10,12‐Octathia biscyclopenta[b,c]‐5,11‐anthraquinone‐1,7‐dithione (TPQD))を用いた。
・TPQDは251.7mAh/gの初期容量を示す。これは、1分子あたり4.7電子反応に相当する。
・X線吸収分光測定および理論計算の結果、この高い容量はキノン基のOのレドックスやジスルフィド結合の開裂/再結合によって達成されることを確認。
・さらに、ベンゾキノンおよびジチアンによって導入された材料のπ共役構造は、レート特性やサイクル安定性を改善する。
<元記事>https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/aenm.201900705

LIS電池というよりは、有機活物質電池だろうか。最近、このような硫黄化合物の合成に関する報告を目にする。
全固体電池よりも有機電池の方がウエアラブル向きだと思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

04 6月 2019

【ニュース】リチウムイオン電池が火元か 資材置き場で火災頻発 プラごみに紛れ – 毎日新聞

・国内でプラスチックごみの処理が追いつかなくなる中、プラスチックを多く含んだ廃棄電気製品などの保管場所で大規模火災が相次いでいる。
・中国がリサイクル資源としてのプラごみ輸入を2017年末に原則禁止して以降、処理業者のプラごみ保管量は増加しており、更なる火災の発生が懸念されている。
・環境省は相次ぐ火災について、電気製品のリチウムイオン電池が出火元の可能性があるとして5月20日、都道府県などに注意を呼びかける通知を出した。
<元記事>https://mainichi.jp/articles/20190602/k00/00m/040/225000c

環境対策のアイテムであるはずのLIBが環境汚染をしている。
電気自動車が普及して放置されると火災まではいかないかもしれないが、電池が腐食して有害物質が土壌汚染する可能性を秘めている。耐久性能がイマイチのEVが中国で出回っている。近い将来、現実になるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

04 6月 2019

【ニュース】政府の燃費規制、EV・PHVも対象に 2030年にリッター25キロ(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

・政府は3日、自動車メーカーに義務づける新たな燃費規制案をまとめた。
・2030年度までに新車の燃費を16年度実績と比べ、全体で約3割改善するように求めた。
・新規制案では、30年度の燃費目標はガソリン1リットル当たり、25.4キロとした。16年度実績は19.2キロで、30年度までに32.4%の改善が必要になる。
・規制の対象となるのは、定員9人以下か総重量3.5トン以下の乗用車。
・目標に達しない場合、メーカーに勧告や命令をして、従わなければ100万円以下の罰金を科す場合がある。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000097-mai-bus_all

開発費を考えれば罰金を払うという選択肢もあるが、ブランディングを考えると単純にそれを選択できないであろう。
今後、開発費低減のために企業間連携が活発になるであろう。日本は自動車産業に支えられている側面があるはずであるが、このような芸のない欧米を真似したような方針を出しているだけでいいのか疑問に思う。脱自動車産業なのかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

04 6月 2019

【ニュース】テックワン、負極材で中国開拓に再挑戦  :日本経済新聞

・水を防ぎつつ、汗などの湿気を通す「透湿防水」。この機能を持つ衣料用フィルムで海外を開拓しているのが、染色加工のテックワンだ。
・スマホや電気自動車(EV)のリチウムイオン電池素材だ。17年、容量を従来の1.4倍に高められる負極材の製造技術を確立した。
・培ってきた紡糸などの繊維技術を使って素材を加工して、シリコンの粉に含まれるケイ素の粒径を小さくし、体積変動を抑えることに成功した。竹田社長は「すでに中国企業から強い引き合いがある」と話す。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45437640Z20C19A5FFR000/

中国は新しいものを積極的に採用する傾向が強い。材料メーカーは、中国を利用して技術を磨くのは有効ではないだろうか。
成功しなくても次の一手が見えてくる。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

04 6月 2019

【ニュース】Celgardがセラミックコーティング電池セパレーターの特許侵害訴訟でMTIに勝訴

・Polypore International, LPの子会社Celgard, LLC(Celgard)は、セラミック電池セパレーターに関する同社の技術、商標、基本特許に対するMTI Corporation(MTI)の侵害について、カリフォルニア、ノースカロライナ両州での訴訟でMTIに勝訴した。
・CelgardとMTIはMTIの侵害と偽造に関係する両社間のすべての未解決の係争で和解した。
<元記事>https://jp.acrofan.com/detail.php?number=78048

今後、電池メーカーに対してもこのような事象が発生するかもしれない。世界中で電池のベンチャーへの投資が盛ん行われている。実際に市場に出すには、特許のケアが必要不可欠である。一番簡単なのは、大手電池メーカーの傘を借りることであるが、なかなか難しいであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

04 6月 2019

【コラム】電気自動車普及で始まる車載用電池の覇権戦争 | 経済界

目次
1 車載用電池で存在感を高める中国
1.1 日本発のリチウムイオン電池技術
1.2 中国のEV市場拡大で状況が一変
2 電気自動車の未来を変える全固体電池をめぐる状況
2.1 液LIBの開発・生産競争が進む
2.2 全個体電池のメリットと課題
2.3 全固体電池実用化で先行するトヨタ自動車
文=ジャーナリスト/永井 隆
<元記事>http://net.keizaikai.co.jp/archives/35713

このような記事を経営層が読んでしまうため、現場が混乱されるのかもしれない。
もちろん技術の現場は、ビジネスとして正しい選択を必ずしもするわけではないので配慮する必要はない。ただ、この手の記事は誰に対しても利益がある気がしない。最近、頻発しているセミナーも似たような性質がある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp