01 6月 2019

【ニュース】マヒンドラのEV販売、1万台強に倍増 – NNA ASIA

・インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は30日、昨年度(2018年4月~19年3月)の電気自動車(EV)販売台数が前年度比2.6倍の1万276台だったと明らかにした。
・省エネルギー事業を手掛ける公営エナジー・エフィシェンシー・サービシズ(EESL)からの受注が販売台数を押し上げた。
・M&MはEV事業の強化に向けて、昨年11月に南部ベンガルール(バンガロール)で10億ルピー(約15億7,000万円)を投じた新工場を開所した。バッテリーパックや電子制御機器の生産、モーターの組み立てなどを行う。年間2万5,000台のEV生産に対応させる予定
<元記事>https://www.nna.jp/news/result/1909156#マヒンドラ

中国が色々問題ある今、輸出を積極的に考えてみたら面白いのではないだろうか。
中国より安い人件費も追い風になるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp