31 5月 2019

【ニュース】日本触媒と三洋化成が経営統合へ 20年10月、競争力強化 | 共同通信 ニュース

・化学製品大手の日本触媒と三洋化成工業は29日、2020年10月をめどに経営統合すると発表した。
・両社は紙おむつに使用される高吸水性樹脂などを主力とするが、少子化に伴う国内市場の縮小や新興国メーカーの台頭などで事業環境が厳しくなっており、統合で競争力を高める。
・日本触媒は高吸水性樹脂で世界トップレベルの市場シェアを持っており、統合でアジアなどの旺盛な需要の取り込みを加速する。
・三洋化成も注力するリチウムイオン電池などの新規事業を拡大したい考え。
・両社は29日、経営統合に向けた基本合意書を締結した。19年12月までの最終合意を目指し具体的な交渉を進める。
<元記事>https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/425972

自動車業界でも統合の話がちらほら出てきている。日本企業はその手の話が苦手である。
グループ総計で販売台数が1000万台以下の会社は、判断が遅れればこの先厳しい選択を迫られる状況があるのではないだろうか。統合以外にも、日立,ソニーのように本体を身軽にする方法もある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

31 5月 2019

【ニュース】UL、東北村田製作所に国内初の「UL 9540A」規格に基づく試験レポートを発行 蓄電システム内のバッテリーセルに起因する火災リスクを検証 – 産経ニュース

・米国の第三者安全科学機関ULは日本国内で初めて、株式会社 村田製作所の子会社である株式会社 東北村田製作所に対し、蓄電システム内に搭載されるセルの熱暴走に起因する火災および類焼を模擬する試験方法に関するUL 9540A 規格に基づく試験レポートを発行しました。
・UL 9540Aは、蓄電システムに使用されるバッテリーセル、モジュール、ユニット、設置条件の4段階での試験方法を規定しており、セル、モジュール、ユニットに関する試験ではいずれも、熱暴走発生時に生じるガスの毒性分析、燃焼性(発火・発熱)および爆発のリスクの有無などを検証する。
<元記事>https://www.sankei.com/economy/news/190530/prl1905300021-n1.html

このような活動は商品の安全性を高めるために有効であるが、消費者にLIB自体の危険性を広く理解してもらうことにも効果があるのではないだろうか。
自動車以外にもLIBを搭載した商品は普及しているが、ものによっては乾電池の延長のような使い方をしているものもある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp