25 5月 2019

【ニュース】離島の再エネ活用を後押しするハイブリッド蓄電池、中国電力が実証運用で成果 – スマートジャパン

・中国電力が島根県の隠岐諸島で実施してきたハイブリッド蓄電システムの実証を完了。
・複数種類の蓄電池を組み合わせて運用することで、再エネの出力変動を吸収し、電力系統の安定化に寄与することを検証できたという。
・設備はNAS電池(出力4200kW、容量2万5200kWh)リチウムイオン電池(2000kW、700kWh)およびエネルギー・マネジメント・システム(EMS)一式他で、工事費は約25億円。
・2019年3月末時点で約8000kW導入されているが、短周期と長周期のそれぞれの変動に対して、リチウムイオン電池とNAS電池の協調制御は良好であり、系統周波数が管理目標値以内に収まっていること(電力の供給安定性が向上)を成果として確認した。
<元記事>https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1905/23/news082.html

中国、四国電力は島々むけにこのような技術開発は必須であろう。個人的にはこのような検証を続けて、競争力のあるサービスとして完成させていただきたい。そして、そのシステムを海外に売り込むような事業展開も視野に入れてもらいたい。鉄道や水道水のインフラ技術の輸出のようなことができたら、面白い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

25 5月 2019

【セミナー 6/25 東京】リチウムイオン二次電池の構造と材料設計の考え方 ~材料と構造と電池性能の関係性とは!?~

◯内容:
本講義では電気化学の基礎知識とリチウムイオン二次電池の構造、リチウムイオン二次電池電極作成のスラリーの調製・分散・乾燥と電池性能の関係などの電気化学的測定法について平素に解説する。
◯講師:
山形大学 学術研究院 准教授 博士(工学) 立花 和宏 先生
◯得られる知識:
・材料、構造、性能がそれぞれどのようにつながっているかの理解。
・基礎知識と応用のつながり。
<詳細・お申し込み>https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190690.php