20 5月 2019

【ニュース】「1台の開発費は今までの倍」 電動車販売が自動車メーカーの収益圧迫

・乗用車メーカー7社の2020年3月期連結決算は、円高や研究開発費増が逆風となる。
・またガソリン車よりコスト高である電動車の販売増が収益を押し下げるケースも目立ってきた。
・電動車の販売増が収益性低下につながる構造が浮き彫りになってきた。スバルはハイブリッド車(HV)の好調が、19年3月期の営業損益の減益要因になった。
・エンジンに加えモーター、インバーター、電池を積み車両コストが高い一方で、「(ガソリン車と比べた)コストの上乗せ分のすべてを商品価格に反映するのは難しい」のが実情で利幅が小さい。
・部材のコスト低減と合わせて、「どのようにして顧客に電動車の価格価値を認めてもらうかは業界共通課題」(同)と指摘した。
<元記事>https://newswitch.jp/p/17700

モデルのサイクルが短くなっていること、開発費の増大も大きく寄与しているであろう。一方で、「モノからコトへ」というようなことも議論されており販売価格を上げにくい。
電動車をなぜ作らないといけないかもう一度議論してもいいのではないだろうか。電動車は手段に過ぎない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

20 5月 2019

【ニュース】住友鉱山社長、ニッケル調達量拡大  :日本経済新聞

・住友金属鉱山の野崎明社長は17日、主力のニッケル生産について「今後もビジネスチャンスを作っていく」と述べ、原料の調達量を拡大する方針を示した。
・ニッケル生産の長期目標である年15万トンの実現に向け、約1万~2万トン分の原料を新たに確保する。
・電気自動車(EV)の電池向け部材を中心に、成長する金属資源に引き続き注力する考えだ。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44925640X10C19A5X93000/

どのように、どの期間といった詳細が気になる。必要量だけを入手したのか、その先も見据えて投資したのか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

20 5月 2019

【無料セミナー 6/19 東京】二次電池の最先端解析 技術セミナー 東陽テクニカ

◯内容:
二次電池に関する最新の評価方法についてファインセラミックスセンターの右京良雄氏、早稲田大学の横島時彦氏より講演いただくこととなりました。是非この機会にご参加いただけますようお願い申し上げます。
<詳細・お申し込み>https://www.toyo.co.jp/mypage/seminar/?id=15231

20 5月 2019

【論文紹介】Coulombic self-ordering upon charging a large-capacity layered cathode material for rechargeable batteries | Nature Communications

出典:https://www.nature.com/

Nature Communicationsvolume 10, Article number: 2185 (2019), DOI: 10.1038/s41467-019-09409-1
・東京大学山田敦夫先生らの研究グループは、活物質の劣化を自己修復する活物質の原理を実証した。
・ナトリウムイオン電池用の酸素レドックス層状正極Na2RuO3は、積層欠陥が充放電サイクルとともに消失する”自己修復機能”を確認した。
・これは、ナトリウムイオンが脱離した後に生じる空孔(マイナスの電荷)と、構造中に残存するイオン(プラスの電荷)との間で、ファンデルワールス力よりもはるかに強い「クーロン引力」が生まれることが重要な役割を果たしていることがわかった。つまり、イオンと空孔が強く引き合うことで乱れのない構造へと自発的に変化し、自己修復されていた。
・このクーロン引力を利用する画期的な方法を他の電極材料にも導入することで自己修復能力が発現すること、さらには、電池の長寿命化が可能となることが期待される。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41467-019-09409-1

LIBの場合、これに似た劣化よりも支配的な劣化モードがある。Naイオン電池はこのモードが劣化の支配的なのであろうか。
このようなメカニズムはRu-Oの組み合わせなので成立しやすい。3d遷移金属では難しいであろう。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp