16 5月 2019

【論文紹介】Building ultraconformal protective layers on both secondary and primary particles of layered lithium transition metal oxide cathodes | Nature Energy

出典:https://www.nature.com/

Nature Energy doi: 10.1038/s41560-019-0387-1
・米国エネルギー省(DOE)のアルゴンヌ国立研究所の研究者らが、層状リチウム遷移金属酸化物正極用の新規なコーティングを開発。
・酸化化学気相成長法を用いて、層状酸化物カソード材料上に保護導電性ポリマー(ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン))スキンを構築した。
・このスキン層は、リチウムイオンおよび電子の輸送を容易にし、望ましくない層状からスピネル/岩塩相への相転移、およびそれに伴う酸素損失を大幅に抑制し、粒界および粒内の機械的亀裂を軽減し、効果的に安定化する。
・このアプローチによって、高電圧動作下での容量と熱安定性を著しく向上させることを確認。
・二次粒子レベルと一次粒子レベルの両方の層状酸化物でこの保護皮膜を構築することは、高エネルギー、長寿命および安全なリチウムイオン電池に向けたNiリッチカソードのための有望な設計戦略となりうる。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-019-0387-1

著者一覧を見ると中国出身と思われる方が多い。政治的な問題はあるかもしれないが、中国の電池に対する熱意が感じられる。若い方が成長することは中国国内に良い影響を及ぼすことが期待できる。
一方で、日本は電池を主要産業にしようとここ数年足掻いているが、人材育成につながる具体的なアクションは起こしたのであろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【ニュース】ボルボ・カーグループ CATL、LG Chemと数十億ドル規模のリチウムイオン電池供給契約を締結- Green Car Congress

・ボルボ・カー・グループは、次世代ボルボとポールスターのモデル用に、今後10年間でリチウムイオン電池数十億ドル分の供給を保証するために、CATLとLG Chemと長期契約を結んだ。
・2017年にボルボカーズは2019年から発売されたすべての新しいボルボ車が電化されることを発表した。
・2025年までに全世界の販売台数の50%を占めることを目標としていると述べ、同社はこの戦略を強化してきた。
・ボルボ・カーズの最初のバッテリー組立ラインは現在、ベルギーのゲントにある製造工場で建設中で、今年末までに完成する予定。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/05/20190515-volvo.html

ボルボの販売台数は60万台なので、10年間で1000億円ならそれほどEVの比率は高くないかもしれない。
ボルボがICEやHEV、吉利が電動車に注力する関係で棲み分ける手段はないのであろうか。ボルボに電動車のラインナップが欲しければ、吉利にOEM生産をしてもらうという選択肢もあるかと思う。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【ニュース】アナハイムトランスポートネットワーク BYDの電気バス40台を発注 – Green Car Congress

・アナハイム交通ネットワーク(ATN)は、BYDへ40台のEVバスを発注した。
・ これらの新しいバスにより、2020年までにATNのゼロエミッション車は57%を占めるようになるという。
・ATNは過去2年間に4台のBYDの40フィートEVバスを運用してきたが、BYDの高品質なパフォーマンスに満足している。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/05/20190515-byd.html

今後、バス市場にFCVが投入されていくことが予想される。特に中国は一気に拡大する潜在的なポテンシャルがある。
短距離バス=>電池、長距離バス=>FC
のような棲み分けになっていくのだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【ニュース】Scania Northvoltとバッテリー供給契約を締結 – electrive.com

・フォルクスワーゲンのスウェーデンの商用車ブランドScaniaは、NorthvoltとEV用バッテリーセルの供給契約を締結。
・契約の供給量は不明。
・また、ロイター通信はVWの子会社もNorthvoltへの資本参加についても議論していると報じた。
<元記事>https://www.electrive.com/2019/05/14/scania-signs-up-for-northvolt-battery-cells/

VWは様々な会社から電池を調達しようとしているが、それらの電池の特徴を理解して車体を設計できているのであろうか。できているとしたら相当な工数を割いているのであろう。焦って市場の大きな不具合を連発しないことを祈りたい。
電池を理解している自動車メーカーは、そのような選択をしていない気がするが。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【論文紹介】パナソニック技報 最新号 – パナソニック技報 – – Panasonic

◯エネルギー関連目次抜粋
・パナソニック環境ビジョン2050の実現に向けて
・水素社会実現に向けた水素・燃料電池関連技術開発
・紫外レーザ改質による大面積ペロブスカイト太陽電池モジュールの高効率化
・消費エネルギー最小化を実現する工場向けスマートエネルギーマネジメントシステム
<元記事>https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ptj/new.html

10年ほど前にペロブスカイト型の太陽電池が提案されて、いよいよ市場に出るのであろうか。
後発の技術を世に出すときにネックになるのはコストではないだろうか。原理的に低コストが期待できても、先発の市場に受け入れられた技術のコストを下回ることは至難である。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 5月 2019

【ニュース】SK Innovation 中国で4億9000万ドルを投資してバッテリー工場を建設

・SK Innovationは中国に第2のリチウムイオン電池工場を建設する予定。
・投資費用4億8,830万ドル以外の詳細な情報は殆ど無い。
・現在、韓国のバッテリーを搭載したEVは政府補助金の対象にはならないため、この計画は一種の賭けと見なされている。
・SK Innovationはすでに韓国でバッテリーを生産しており、ハンガリーに新工場を開設し、2025年までに5GWhから100GWhに生産を拡大する道筋を描いた米国での大型プロジェクトを発表している。
<元記事>https://insideevs.com/news/349680/sk-innovation-battery-plant-china/

SKの投資計画は確かに最も積極的である。補助金や電動車の動向を知らないわけではないはずなので、何らかの戦略のはずである。
携帯機器市場の拡大を活用したサムスンやLGのように、今回の電動車市場を活用することを画策しているのであろう。電動車の市場は不確定要素は多いが、その他の二次電池市場で確実に伸びるものは多々ある。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp