14 5月 2019

【ニュース】パナソニックが高容量の「角形」電池を開発、主力供給先はトヨタか

・パナソニックは容量を同社従来比2―3割高めた車載用の角形リチウムイオン電池(写真)を開発した。
・8月にも姫路工場(姫路市飾磨区)の新製造ラインで量産を始める。
・中国・大連の工場でも製造する計画。
・新開発の角形電池は製法を変え、電池内部の隙間を減らしてエネルギー密度を改善すると同時に、ショート(短絡)時のガス抜き機構も改良。高容量と安全性を両立する。
<元記事>https://newswitch.jp/p/17606

電池以外でもパナソニックとトヨタの関係強化の趨勢が感じられる。
自動車メーカーにとって、自社の思想や意思に合わせた仕様の電池を作ってくれることは、様々なメリットがある。欧米中で自動車メーカーと電池メーカーが連携する発表はあるものの、この2社の数字に落とせない関係は、それらに対して圧倒的な競争力になり得るのではないだろうか。そのようなことができるから、今のトヨタがあるのであろう。パナソニックのメリットは・・・・

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 5月 2019

【ニュース】GSユアサ、車載リチウム電池に800億円超 新中計  :日本経済新聞

ジーエス・ユアサコーポレーションは13日、2022年3月期を最終年度とする新たな中期経営計画を発表した。
・今後3年間で車載用リチウムイオン電池の増産や研究開発に800億円超を投じる。
・ハイブリッド車(HV)など環境対応車や独自性の強いエンジン始動用での競争力を高める。
・全固体電池など次世代電池の開発にも注力する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44723740T10C19A5LKA000/

技術的なハードルを考えれば、全固体電池の目標は、HEV向けが最適なのではないかと思う。
高級車向けに市場に出せるようなことがあれば世界が変わるかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp