21 4月 2019

【ニュース】BNEF Shocker — 2022年に競争力のある電気自動車価格、バッテリーの価格は急落| CleanTechnica

・ブルームバーグニューエナジーファイナンス(BNEF)のチームは、電気自動車の価格を調査し、ガソリン車の価格に対して競争力がでる時期を予測している。2017年には、BNEFは、それは2026年になると予測していた。
・今回、BNEFは2022年には、電気自動車がガソリンまたはディーゼルエンジン車と価格競争力を持つようになると発表。
・この要因は、バッテリー価格の下落であり、2015年の中型車では総コストの57%がバッテリーコストであったが、2025年には20%になると予測したため。
<元記事>https://cleantechnica.com/2019/04/17/bnef-shocker-electric-cars-price-competitive-in-2020-as-battery-costs-plummet/

BNEFはまた墓穴を掘るのであろうか。「プライス」が競争力あるものになる可能性はあるが、「コスト」が予想のようになることはないであろう。そもそも、商品価値が異なるものを比較しようとしている矛盾に気がついて欲しい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

21 4月 2019

【ニュース】災害に備え電力確保 EV充電所整備、大型蓄電池も 熊本市 | 気になる話題 | くまコレ | 熊本日日新聞社

・熊本市は5月から、大規模災害に備える電力確保に乗り出す。
・西部環境工場(西区)で発電した電力を電気自動車(EV)に送って二次的な供給源にするほか、大型蓄電池を各地に設置する。
・二酸化炭素(CO2)の削減にもつなげる。
・料金の安い夜間にためた電力を昼間に使うため、年間2億3千万円の経費節減が見込まれている。
<元記事>https://kumanichi.com/kumacole/interest/976224/

今後このような投資が増えていくのであろう。手段は多数ある。アメリカなどでも発電蓄電で新しいシステムの提案もある。
規模が小さいうちに様々なチェレンジが行われることを期待したい。LIBは選択肢の一つである。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp