15 4月 2019

【ニュース】エーアールエムテクノロジーズ株式会社 レドックスフロー電池の高エネルギー密度化技術を開発

エーアールエムテクノロジーズ株式会社(弊社)は高エネルギー密度レドックスフロー電池の技術を開発した。
新たに開発した技術は、大気中においても、水の理論電気分解電圧よりも高い電圧を取り出せる新規電解液であり、大気中において密閉していない単セルで2.3Vの放電電圧を実証した(緑色LEDは2V以上で発光)。

Read More

15 4月 2019

【ニュース】国内4社が電動二輪車の交換式バッテリーコンソーシアム創設。電気バイクの波が来る? | EVsmartブログ

・2019年4月4日、国内の主要バイクメーカー4社(川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、本田技研工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社)が「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を創設し、交換式バッテリーとそのバッテリー交換システム標準化の検討を進めることを発表した。
・いよいよ、日本国内でもバイクの電動化が加速していく可能性が広がった。
・ホンダPCXやGogoroの取り組みを紹介。
<元記事>https://blog.evsmart.net/ev-news/kawasaki-suzuki-honda-yamaha-battery-swap/

この動きを二輪の範疇で終わらないようにしてほしい。
インフラや電池の管理運営、サービス提供方法などプラットフォームの構築を目的とした活動になることを期待したい。それは4輪やその他モビリティにも拡大できるであろう。
実際にGogoroの狙いはそういうところにあるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 4月 2019

【ニュース】「MotoE」マシン全車消失の悪夢 赤信号が灯ったEVレースの今後は… | ウェビック バイクニュース

・2019年シーズンより開催される予定だった電動バイクによる世界選手権「MotoE」シリーズ。
・だが、開幕前の公式テスト中の3月14日深夜にパドック内で火災に見舞われ、18台全てのマシンと充電システムの大部分が消失してしまうという一大事が発生した。
・火災の原因は充電ステーションでの高密度バッテリーのショートに起因していると伝えられている。
・今回の事故はEVがまだ発展途上であることを図らずも露呈してしまった感がある。
<元記事>https://news.webike.net/2019/04/12/155604/

レース用に使う電池はかなりの高負荷を与えているはずなので、使用制限を考えた方がいいだろう。このような事故を繰り返すことになってしまう。
このような解析は、弊社喜多が得意とする領域です。ご相談ください。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 4月 2019

【ニュース】神奈川県、東芝の工場新設などを認定 企業誘致で税軽減  :日本経済新聞

・神奈川県は12日、不動産取得税の軽減などで企業を誘致する施策「セレクト神奈川100」で、東芝など8社を認定したと発表した。
・東芝は横浜市内にリチウムイオン電池の生産工場を新設。
・電気自動車向けの生産を強化し、2020年の稼働を目指す。投資額は159億円。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43678260S9A410C1L82000/

このような減税対策をぜひ中小企業やベンチャーにも積極的に行って欲しい。
神奈川県は40年前ぐらい前世界を代表する半導体や電機メーカーの基盤地域であった。この取り組みが新しい産業を興すきっかけになることを期待したい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 4月 2019

【ニュース】豊田通商、福島に電池材料工場 投資額90億円  :日本経済新聞

・豊田通商は12日、オーストラリアのリチウム資源開発会社であるオロコブレと組み、福島県に水酸化リチウムの工場を建設すると発表した。
・投資額は約90億円で、2021年前半の生産開始を目指す。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43656910S9A410C1TJC000/

権益を獲得している南米の塩湖のリチウムを利用するのであろう。最近、リチウムは鉱山からも比較的安価で、そして短期で抽出できる。
コスト競争力では厳しい面もあるが、資源確保の政策の一環と考えると辻褄が合うのかもしれない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp