10 4月 2019

【ニュース】電動車普及へ協議会 トヨタ、東電など38社参加(毎日新聞)

・経済産業省は8日、電気自動車(EV)など電動車の普及に向けた新組織「電動車活用社会推進協議会」を今夏までに設立すると発表した。
・トヨタ自動車や東京電力ホールディングス(HD)など大手企業と、東京都などの自治体が参加。
・車載電池のリサイクル拡大などを通じて電動車の価格低下を促し、「2050年までに日本車1台当たり温室効果ガス8割削減」との政府目標の達成を目指す。
<元記事>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000068-mai-bus_all

日本における総温室効果ガスを減らすことが目的なのに、車一台に目標を落とし込むことが正しいのであろうか?
また、エネルギー政策や経済の活性化などの視点がおろそかになることは避けてもらいたい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 4月 2019

【ニュース】ホンダがEVコンセプトカー発表へ、スポーツEV第2弾…上海モーターショー2019 | レスポンス

・ホンダ(honda)の中国部門は4月8日、中国で4月8日に開幕する上海モーターショー2019において、EVコンセプトカー理念 VE-1を初公開すると発表。
・理念 VE-1は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽ホンダが共同開発し、中国専用に投入される初の量産EVとなる。
・バッテリーは、蓄電容量53.6kWhのリチウムイオン。1回の充電で、最大340km(NEDCモード)の航続を可能にする。
<元記事>https://response.jp/article/2019/04/09/321130.html

EVはこのような高級車やスポーツカーと相性がいい。トヨタの社長はCMでfan領域がなくならないことを熱弁している。トヨタこそ、このような車を早く出すべきではないのではないだろうか?

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

10 4月 2019

【ニュース】三菱マテリアル、xEV用リチウムイオン電池などに含まれるコバルト、ニッケルの回収試験を開始//モーニングスター

・三菱マテリアルは8日、日本磁力選鉱(福岡県北九州市)と共同で、同日からxEV(電動車両)用リチウムイオン電池などに含まれるコバルト、ニッケルの回収試験を開始したと発表した。
・同社が独自開発したコバルト・ニッケル精製装置を、日本磁力選鉱ひびき工場(福岡県北九州市)敷地内に設置し、使用済みxEVに搭載されたリチウムイオン電池などからコバルト、ニッケルを電池材料用にリサイクルするための回収実証試験を開始した。
・今後、2022年度の事業化に向けた同設備の技術的検証と、その結果に基づく安全かつ高効率なリサイクル技術の共同開発を推進するとしている。
<元記事>https://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1892145

最近、リサイクルに取り組む会社が増えている。このような技術に取り組む企業を集めたファンドや投資信託などがあったら面白いのではないだろうか。リサイクルはすぐには利益にならないが将来確実に必要になる。そこに注力する企業を支援できる仕組みがあってもいいのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp