06 4月 2019

【ニュース】フル充電でEV1000キロ走行?! スイスのスタートアップが次世代バッテリー開発中

・電気自動車(EV)が1回のフル充電で1000キロの走行が可能で、製造コストが安いという夢のようなバッテリーの開発を、スイスのスタートアップInnolithが進めている。
・Innolithは不燃性の無機電解質を使っている。つまり、発火原因となる要素を排除していて、「有機電解質を使った従来のEVバッテリーよりも安全」としている。
・3~5年内の実用化を目指している。
・この技術が現実的であれば大手自動車メーカーが放っておくはずはなく、共同開発や提携などの動きが出てきてもおかしくない。
<元記事>https://www.excite.co.jp/news/article/Techable_97248/

なぜ、電解液よりこの手の技術が安いとか急速充電ができるという情報が出回ってしまったのであろうか?コストはまだしも、急速充電に関しては、そのような科学的根拠は知る限り世に出ていない。また、同様に不燃性のイオン液体は、電池にした時安全なのであろうか?

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp