31 3月 2019

【論文紹介】Intercalation-conversion hybrid cathodes enabling Li–S full-cell architectures with jointly superior gravimetric and volumetric energy densities | Nature Energy

出典:https://media.springernature.com/

Nature Energy doi: 10.1038/s41560-019-0351-0
・MITの研究者らが、LiS電池用の新しいハイブリット型の正極を開発。
・ハイブリット型正極とは、インターカレーション型Mo6S8とコンバージョン型硫黄(HMSC)の組み合わせ。
・現在LiS電池の多くの報告は、Sの高い理論用にもかかわらず、導電剤の量が多いなど、活物質のロード量が少なく、フルセルとしてのエネルギー密度を十分に取り出すことはできていない。
・高速なリチウムイオン輸送能、高い電子伝導性、およびリチウムポリスルフィドに対する高い親和性を有する、Mo6S8は、硫黄種を固定化する理想的な骨格となりうる。
・これにより、導電剤の量を10wt%程度に減少させることができ、プレスによって高密度化(空隙率55vol%)することができる。
・このハイブリット型正極を用いたLiS電池は、366Wh/kgの重量エネルギー密度および581Wh/Lの体積エネルギー密度を達成。
<元記事>https://www.nature.com/articles/s41560-019-0351-0

31 3月 2019

【ニュース】太陽光の“卒FIT”53万件をめぐる争奪戦! 電力買い取りと家庭用蓄電システムに商機 (1/3) – スマートジャパン

・卒FIT案件の出現が目前に迫り、新たなビジネスモデルを模索する動きが加速している。10年間の買い取り期間が満了する住宅用太陽光発電設備は、今年だけでも約53万件。そこに生まれるニーズを、どう取り込んでいくのか。各社のアプローチをみた。
・丸紅、NTT、シャープ、三菱電機、ニチコン、エクソルの戦略を紹介。
<元記事>https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1903/22/news022.html#utm_source=ee-elemb&utm_campaign=20190331

31 3月 2019

【ニュース】全固体電池はマテリアルズインフォマティクスで、変わるパナソニックの材料研究 (1/3) – MONOist(モノイスト)

・現在、コンピュータ技術を基に進化した最新のITを活用する第4のパラダイム「データ駆動科学」に入っており、マテリアルズインフォマティクスはその中核技術となっている。
・このマテリアルズインフォマティクスによって、二次電池や太陽電池の材料開発で成果を上げつつあるのがパナソニックだ・・・・
<元記事>https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1903/29/news063.html

31 3月 2019

【ニュース】Fortumがリチウムイオン電池のリサイクル率を80%以上に向上 – Green Car Congress

・北欧のクリーンエネルギー企業のFortumはEV用電池の80%以上をリサイクルできる技術を開発。
・Fortumは、低CO2湿式冶金リサイクルプロセスで80%以上のリサイクル率を達成した(現在の電池のリサイクル率は約50%)。
・ニッケル、特にコバルトが最も価値があり回収が最も困難であったが、フィンランドの成長企業Crisolteq Oyによって開発された化学的沈殿法を含む独自の回収方法を使用し、これらを電池メーカが再利用可能にする。
・ リサイクル材料を使用することで、バッテリー生産時のCO2排出量も最大90%削減される。
<元記事>https://www.greencarcongress.com/2019/03/20190327-fortumrecycle.html

先日も触れたが現状のリサイクルは市場から戻ってきたものでなく、工場で不良判定された、まだ「汚れていない」電池のリサイクルである。なかなか、将来のことに費用を割くのは難しいかと思うが、「汚れている」ことを前提とした技術にも注目してほしい。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

31 3月 2019

【技術情報】リチウム生産技術概略|JOGMEC金属資源情報

・独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構がまとめた報告書。
・リチウムは世界埋蔵量84.6百万tLCE(炭酸リチウム換算:Li純分ベースで16百万t)で、ニッケルの74百万t、鉛の88百万tと比べるとそれほど「希少」ではない。ただし生産規模では約200千tLCE/yとベースメタルに比べ、1~2桁小さい。
・生産量は原料(かん水・鉱石)ベースで2017年に約22万tLCE、そのうち豪州・チリで約7割を占める。
・多くが中国に輸出され、化合物へ精製されており、化合物ベースで見た中国の生産シェアは50%程度とみられる。
・2017年に全リチウム需要のうち40~50%程度が2次電池向け。
・その他、生産方法について詳しく説明されている。
<元記事>http://mric.jogmec.go.jp/reports/mr/20190329/112230/

過去にも資源が注目され市場を賑やかしたことがあるが、指摘の通り過去最も「希少」ではない。リンも希少ではないが、農業用などので確実な需要がある。
このようなもの投資はあまり魅力を感じない。一方で、今、意外と単価が安いのはプラチナである。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 3月 2019

【コラム】トヨタとパナソニックがEV電池を製造 – NPO法人 国際環境経済研究所

・現在、中国メーカーがEV用電池シェアの60%を占めており、中国CATL、BYDなどは生産能力の大幅な拡張を計画している。
・また、韓国のサムスンSDI、LG化学なども能力拡張を急いでいる。
・こうした中韓企業との競合を勝ち抜くには、パナソニックとトヨタのノウハウを持ち寄ることが必要との判断だろう。
・製品はパナソニックのルートで他の自動車メーカーにも販売されると報道されている。
・テスラ社との共同事業で力を付けたパナソニックとトヨタの協業は、成果を生む可能性が高いと思われる。
・かつて蓄電池で世界一のシェアを持っていた日本企業が、世界市場で中韓企業を相手にシェアを奪うことも期待できそうだ。
<元記事>http://ieei.or.jp/2019/03/yamamoto-blog190325/

論点が違うような気がする。この連携をシャアに結びつける考察が正しいのであろうか?
例えば、トヨタは仕様な不明確な電池ではなく、自分たちの意思の入った電池を購入できることになる。電池単価だけを見ればCATLに比べ高いものを買うことになるなるが、開発費を下げることができる。また、車両性能も意図したものを作りやすくなる。電池単価だけに目を向けている自動車メーカーは痛い目を見るのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 3月 2019

【ニュース】テスラ 日本の鉄道用非常用電源として7MWhのバッテリーを設置 Greentech Media

・テスラは近鉄電車のに緊急バックアップ用として7MWh電池を設置した。
・このESSは近鉄電車を30分間安全な場所に移動できる容量。
・このESSは4/1から可動する予定。
<元記事>https://www.greentechmedia.com/articles/read/tesla-installs-largest-battery-asia-japanese-railway#gs.2x8kfx

このような緊急用やインフラの安定化向けのESSは比較的高い単価で販売できる。一方、電力の効率化向けはコスト競争に晒されやすい。LIBは初期コスト、ランニングコストで必ずしも競合技術に対して優位ではない。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

30 3月 2019

【コラム】中国EV電池、再編の波 品質・供給を適正化 資源開発と垂直統合も (1/3ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

・中国の電気自動車(EV)向け車載電池業界に再編の波が押し寄せようとしている。
・車載電池の需要は2020年にかけて本格的な拡大期に入るとみられているが、メーカー各社はこれを前に、品質向上や生産能力の適正化を目指し、原材料や部品のサプライチェーン(調達・供給網)の再構築を急ぐ計画だ・・・
<元記事>https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190329/mcb1903290710001-n1.htm

太陽光パネルの時も似たような形で欧米日にはできない低コスト化は実現できた。あとは、作る電池を使用する先がどれだけあるかではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 3月 2019

【ニュース】ノルウェーのオスロ市、電動タクシー用ワイヤレス充電のインフラ構築へ – CNET Japan

・ノルウェーは完全電動化への取り組みで先陣を切り、間もなく首都のオスロでタクシー用のワイヤレス充電のネットワークを構築する。
・オスロ市とフィンランドの電力会社Fortum、自動車や輸送業界向けの充電技術を手掛ける米国のMomentum Dynamicsは現地時間3月21日、同市で増えているゼロエミッションのタクシー用ワイヤレス充電のインフラを共同で構築すると発表した。
・市内のタクシー乗り場に充電プレートが設置される。
<元記事>https://japan.cnet.com/article/35134765/

欧州諸国はガソリンに日本より高い税金をかけている。このような取り組みは税収減の方向に向かうが新たな税収入をどこから得るのであろうか?技術ではなく経済的なロジックから考えてみると電動車のあり方が変わってくるのではないだろうか。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

29 3月 2019

【ニュース】住友鉱山、EV用電池からコバルト再利用 新技術確立  :日本経済新聞

・住友金属鉱山は、電気自動車(EV)に搭載される使用済みのリチウムイオン電池から主要素材の希少金属(レアメタル)のコバルトを回収し、電池材料として再利用する新技術を開発した。
・早ければ2021年に実用化する。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42982950X20C19A3TJ3000/

市場に出て帰ってきた電池はほぼない状態だと思うが、確立というのはどのようなレベルなのであろうか?
現状のリサクルは電池工場で廃棄された材料から行われていることが多い。

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp