03 12月

【セミナー資料】平成30年度第5回金属資源セミナー 豪州のリチウム、コバルト を巡る動向

・ 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 シドニー事務所による豪州の資源状況の報告。
・特にバッテリー関連のリチウム、コバルトを巡る動向をデータで解説。
・豪州政府の制作についても言及。
<元記事>http://mric.jogmec.go.jp/wp-content/uploads/2018/11/mrseminar2018_05_06.pdf

<X’s EYE>
◯解説:
オーストラリアは、東欧などと同様に比較的安定した経済成長を続けている。一方で、地理的な問題で輸出を前提とした製造業は難しい。昨年度トヨタが撤退している、また、貿易問題も大きく影響してくる。そのような環境で資源は、

29 7月

【参加報告】欧州の電池リサイクルの動向 ― International VDI Conference Battery Recycling 参加報告 ―

・独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 吉益英孝氏が、2018 年 6 月 14~15 日にミュンヘンで開催されたInternational VDI Conference Battery Recycling へ参加した報告書。
◯目次
1.EU の電池リサイクルにおける役割
2.フィンランドの事例、車載電池の回収とリサイクルに関するスタディ
3.ドイツ地質資源調査所・鉱物資源局(DERA, German Mineral Resources Agency)のリチウム に関する Raw Material Analysis、2025 年のリチウム市場における需要ドライバー
4.終わりに
<元記事>http://mric.jogmec.go.jp/wp-content/uploads/2018/07/current_18_18.pdf

01 7月

【ワークショップ報告書】ナノテクノロジー・材料分野 区分別分科会 「再生可能エネルギー大量導入時代を見据えた エネルギー材料・デバイス研究開発」

・2017/12/13に開催された「再生可能エネルギー大量導入時代を見据えたエネルギー材料・デバイス研究開発」ワークショップの内容の報告書(議事録的なもの)が公開された。
・太陽電池、人工光合成や蓄電池など再生 可能エネルギーを議論する上で重要なデバイスについて。
・個々のデバイスの性能向上ではなく、共通する材料課題が何であるか、材料開発 の共通する方向性を見出すことを目的として本ワークショップは開催された。
<全文>http://www.jst.go.jp/crds/pdf/2017/WR/CRDS-FY2017-WR-10.pdf

26 3月

【参加報告】二次電池各社の進む道、それぞれの先進技術と抱える課題 (1/2) – MONOist(モノイスト)

・「第9回 国際二次電池展」の基調講演のまとめ。
・マクセルホールディングス、BYD、CATL、Teslaなど、日米中の二次電池関連各社が登壇。先進技術動向と抱える課題などについて説明した・・・
<元記事>http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1803/27/news011.html

19 12月

【レポート】西村直人の「トヨタ 電動化技術説明会」レポート – Car Watch

レポート目次
・トヨタはEVに消極的?
・1000万台のハイブリッドカーで7700万tのCO2を削減
・「CO2削減やエネルギー源などを勘案するとEVを打開策の筆頭にするのは尚早」と安部静生常務理事
<元記事>https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1097326.html

04 11月

【参加報告】Argus LiCoNi Markets and Investments 2017 参加報告―電気自動車と Li, Co, Ni の需給―

・Argus Lithium, Cobalt and Nickel(LiCoNi) Markets and Investments 2017 は、Argus Media 社が世界各国で開催している様々なコモディティの市場・投資に関するカンファレンスの一つで ある。
・本カンファレンスは、リチウムイオン電池関連材料に焦点を当て、電極材料となるリチウ ム、コバルト、ニッケルの需給、電気自動車(EV)向け電池技術の最新動向等、関連する分野の 講演を中心として開催された。
・独立政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 ジャカルタ事務所 南博志氏による参加報告。
<元記事>http://mric.jogmec.go.jp/wp-content/uploads/2017/11/current_17_27.pdf

15 10月

【参加報告】The Battery Show Europe~日本産業機械工業会~

・2017年4月4日から4日にかけ、欧州の蓄電池産業及び電気自動車用バッテリーに関す る会議The Battery Show Europe 2017がドイツ、Sindelfingenで行われた。
・この会議の、日本産業機械工業会による参加報告書。
・今回は、欧州のハイブリッド車及びEV用バッテリーの動向及び普及予測に関する講演と EUにおけるバッテリー電力貯蔵に向けた課題に関する講演についてまとめられている。
・1. 欧州の将来の低炭素社会のためのハイブリッド及び電気自動車技術
・2. EUにおけるバッテリー電力貯蔵の障壁
<元記事>http://www.jsim.or.jp/kaigai/1708/002.pdf

27 8月

【レポート】9th Lithium Supply & Market Conference 2017 参加報告

・リチウムの需給動向、生産技術、新規プロジェクト、主要用途であるリチウムイオン電池材料や電気自動車に関する動向を主題にした会議である”Lithium Supply & Market Conference”の参加報告(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 阿部幸紀氏、大久保聡氏、杉崎真幸氏の報告)。
<自動車業界から見た視点:電動化の戦略が二次電池原料需要見通しに与える影響、Roskill Information Services,UK>
<注目すべきリチウム鉱山開発プロジェクトの詳細情報>
などが報告されている。
<元記事>http://mric.jogmec.go.jp/public/current/17_17.html

25 8月

【レポート】日本産業機械工業会 The Battery Show Europe2017 参加報告

・2017年4月4日から4日にかけてドイツで開催された、欧州の蓄電池産業及び電気自動車用バッテリーに関す る会議The Battery Show Europe 2017の参加報告。
・欧州のバッテリー市場の動向に関する講演とバッテリー市場の動向が原材料市 場に及ぼす影響に関する講演について。
・バッテリー市場の推移、バッテリー価格、EVのメーカー別の販売台数など詳細なデータと、今後のリチウムイオン蓄電池市場の予測がまとめられている。
<元記事>http://www.jsim.or.jp/kaigai/1707/001.pdf