19 2月

【コラム】中国が先頭に立つ、再生可能エネルギー経済の新秩序 | ニューズウィーク日本版

・再生可能エネルギーが世界秩序を変える。
・再生可能エネルギーは予想以上のスピードで世界のエネルギーシステムを変容させている。
・立ち回りのうまい国々は、自国向けの将来のエネルギー供給を確保するだけでなく、エネルギー経済の新たなリーダーになる好機をつかんでいる。再生可能エネルギーの超大国となるべく、先頭に立っているのが中国で、世界の投資の45%以上を占め、「一帯一路」を推し進める。
・化石燃料を首都するエネルギー外交の衰退とともに、外交政策の輪郭が変異し、世界の勢力図も変わるだろう。
<元記事>https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11714.php

19 2月

【ニュース】「メガソーラー+蓄電池」でも、売電単価8セント以下! | 日経 xTECH(クロステック)

・米AESは、再生可能エネルギーのデベロッパーで発電事業も手掛けている。2019年1月、米ハワイ州に世界最大規模の蓄電池併設型太陽光発電所「太陽光+(プラス)蓄電池・プロジェクト」の稼働を開始した。
・この事業は、「ラワイプロジェクト」とも呼ばれ、太陽光パネル出力28MW、連系出力20MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)に、出力20MW・容量100MWhの蓄電池を併設している。蓄電池は需要ピーク時に最長で5時間、放電できる仕様になっている。
・ちなみに、ラワイプロジェクトには1万3000もの韓国サムソン SDIのリチウムイオン電池モジュールが使用された。
・その他ハワイで申請されたプロジェクトの数は合計7つで、オアフ島、マウイ島、そしてハワイ島の3島に設置されることになる。
・太陽光発電所の合計連系出力は262MWで、併設される大型蓄電池の総容量は1048MWhとなる。
・ここで驚くべきことは、各プロジェクトの契約価格である。7つのうち6つはkWhあたり10セントを切った。
<元記事>https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/column/15/286991/021200101/

19 2月

【セミナー 3/19 東京】リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論

◯内容:
昨今、自動車分野においては、2019年中国NEV規制に伴いEVの本格的普及が予測されており、EV用電池の動向が注目されている。 本セミナーでは、EV用電池として実用化されているリチウムイオン2次電池及び次世代電池について、現状やそれぞれが抱える課題・今後の展望を解説する。 また、様々な課題を解決し、更なる高性能化が期待できる新規な電池理論「片持ち論」及び「篩膜理論」について、その原理・考え方から可能性などについて解説する。
◯講師:
佐野 茂 氏  バッテリーコンシェルジュ
◯得られる知識:
・現行リチウムイオン2次電池の抱える課題についての理解
・EV用次世代電池の開発動向および抱える課題についての理解
・新規な電池理論の基礎知識習得と理解
<詳細・お申し込み>http://cmcre.com/archives/40910/

18 2月

【シンポジウム 3/18 東京】日本信頼性学会2018年度第2回信頼性フォーラム 「基礎から学ぶ製品故障 ~故障はなぜ繰り返すのか~」

(プログラム)
10:30-10:35  開会の挨拶 故障物性研究会 主査 土屋 英晴 氏
10:35-11:20   初級・中級技術者に必須の基礎知識~故障物性から観る信頼性~
故障物性ソリューション 味岡 恒夫 氏
11:20-12:10  原因不明になりやすい故障現象とその解析方法
~腐食やECMなど化学的な故障を中心に~
㈱村田製作所 斎藤 彰 氏
13:10-13:40   MLCCの故障モードと解析手法~基本的な解析技術と微細化対応~
㈱村田製作所 斎藤 彰 氏
13:40-14:10   リチウムイオン電池(LIB)が関係する事故~機能・構造から起こる故障のメカニズム~
製品評価技術基盤機構 神山 敦 氏
14:10-14:40  電子部品の故障解析への統計学の活用事例
~物理解析と統計解析の両面から故障を観る~
㈱アドバンテスト 佐藤 博之 氏
14:50-15:20  初級・中級技術者のための故障解析入門~解析の進め方:半導体製品を例に~
東芝デバイス&ストレージ㈱ 遠藤 幸一 氏
15:20-15:50   車載・モバイルで拡大する環境試験の現状
~使用環境に合わせた信頼性試験の構築~
沖エンジニアリング㈱ 佐藤 晃太郎 氏
16:00-16:55   パネルディスカッション
「初級・中級技術者への期待と提言」
コーディネータ 株式会社新川 遠西 繁治 氏
パネラー ご講演の方々
16:55-17:00   閉会の挨拶 故障物性研究会 副主査 味岡 恒夫 氏
17:10-19:00  懇親会
<詳細・お申込み>https://www.reaj.jp/modules/eguide/event.php?eid=104

17 2月

【ニュース】仏独、EV電池で対アジア「共闘」 2000億円投資 (写真=ロイター) :日本経済新聞

・仏独が電池産業の育成で協力する。
・マクロン仏大統領は13日、今後5年間で7億ユーロ(約870億円)を同分野に投資すると表明した。
・独政府が打ち出した補助金構想と合わせると総額2千億円規模となる。電気自動車(EV)の主要部品である電池セルでは中国と韓国、日本のメーカーが市場を牛耳っており、欧州資本の企業を急いで育てる必要があると判断した。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41304030V10C19A2000000/

具体的にどのようなものに投資していくのであろうか。日中韓に真っ向から勝負しては有効でない気がする。EVでなく定置用電池、もしくは電池は調達でパック事業といったところが面白いのではないだろうか。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

17 2月

【ニュース】ナユタ、異なる電圧対応の蓄電システム  :日本経済新聞

・医療機器などの特殊電源メーカーのナユタ(浜松市)は、電圧の異なる機器に1台で対応できる蓄電システムを開発する。
・リチウムイオン電池の発熱を自動制御し、発火などの事故を防ぐシステムの開発にめどを付けた。
・災害時に情報システムや生産設備の予備電源などに使える汎用性の高い蓄電システムとして売り込む。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41339860V10C19A2L61000/

ユーザーに企業側の都合を押しつけず、ストレスなく安全に使用できる環境を提供することは重要である。
詳細はわかならいが、独自性の高い技術であれば自動車メーカーに売り込むのは面白いのではないだろうか。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 2月

【ニュース】住友鉱山、EVシフトで銅山投資加速 新中計発表  :日本経済新聞

・住友金属鉱山は14日、2022年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。
・生産トラブルなどにより19年3月期の業績見通しを下方修正するなか、4月末に権益取得予定のチリの銅鉱山開発を進めるなど3年間で過去最高の計4900億円を投じる。
・電気自動車(EV)やあらゆるものがネットにつながるIoTシフトによる金属需要増を受け、強気の投資に打って出る。
<元記事>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4129775014022019X93000/

Co価格がそれほど高騰していないので、銅を使用する市場が重要になるのであろう。
「IoTシフトによる金属需要」というよりは各国のインフラ増強の方が重要な気がする。あとはモーターか。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

16 2月

【調査レポート】中華人民共和国産の電解二酸化マンガンに係る不当廉売関税の賦課に関する再延長調査の結果報告書を取りまとめました (METI/経済産業省)

・平成20年より不当廉売関税を賦課している中華人民共和国産の電解二酸化マンガンについて、経済産業省及び財務省は、不当廉売された貨物の輸入が継続し、国内産業に対する実質的な損害が再発するおそれがあるとする再延長調査の結果報告書を取りまとめた。
・また、2/14、関税・外国為替等審議会関税分科会特殊関税部会において、本件につき、現在の課税措置を5年間延長することが適当であるとの答申がまとまった。
<元記事>http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190214005/20190214005.html

電池性能の進化は続くであろうが昔ほどではない。コモディティー化が進むほど、資源の調達やプロセスが重要になる。
そのような視点で業界を眺めてみるのも面白いのではないだろうか。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

15 2月

【論文紹介】Quantifying lithium concentration gradients in the graphite electrode of Li-ion cells using operando energy dispersive X-ray diffraction

出典:https://pubs.rsc.org/

Energy & Environmental Science doi: 10.1039/C8EE02373E
・オペランドエネルギー分散型X線回折を用いて、Liイオン電池のグラファイト電極中のリチウム濃度勾配の定量化を試みた。
・1Cレートでサイクル中の多孔質グラファイト電極に発生するリチウムイオンのセクションごとの濃度勾配を定量化した。
・セルが中程度の速度で充電されている場合でも、Li電析条件がグラファイト電極表面近くで満たされ得ることを示唆する結果が得られた。
<元記事>https://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2019/EE/C8EE02373E#!divAbstract

電気化学測定から予測されていた状態を分光でも確認できたということであろう。このような大型の分光装置を使った解析が重宝されることが多いが、バッテリーサイエンスの追求という視点で考えた時、必ずしも有効な使い方をしていないと感じることがある。

<弊社では、電池技術に関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp

14 2月

【市場調査】需要拡大するリチウムイオン二次電池、市場規模は5年で2倍以上に – スマートジャパン

出典:https://image.itmedia.co.jp/

・調査会社の富士経済がリチウムイオン二次電池の市場調査予測を発表。
・2022年の市場規模は2017年比2.3倍の7兆3914億円に達すると予測している。
・小型民生用のLiBはシリンダ型が中心で、EV市場の拡大人伴って需要が増加。
・xEV用は中国などを中心に市場が拡大。中国では、乗用車の他、バスや物流などの専用車で電動化が進んでおり、今後も市場は大幅に拡大していくとみられる。
・角型はラミネート型への切り替えの影響から縮小していくとみられるが、ラミネート型はスマートフォンやウェアラブルデバイス向けが好調であり、小型民生用市場は拡大していくと予想される。
<元記事>https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1902/13/news040.html

電池はあくまで部品である。それを使った商品市場の動向の予測・見積もりの前提や仮定を理解した上であれば、このような情報は有効に活用できるであろう。

<弊社では、電池ビジネスに関する調査分析、ご提案や支援を行なっております>

お気軽にご連絡ください。
●会員向けの購読依頼
まとめサイト担当:comment_x (at) arm-tech.jp
●電動化およびエネルギー関連の商品・サービス、電池戦略に関するご相談
大木:Hideki.Oki (at) arm-tech.jp